読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

別冊宝島「プロレス 引退劇の全真相」を読む(その3) ~中邑選手、WWEとの契約金は年間50万ドルとの噂~

プロレス!

新日時代の中邑選手の年間収入。

グッズ収入を含め、推定で約2,000~3,000万円。

 

コレに対し、WWEが提示した契約金額が年間50万ドルの3年契約。

・・・勝てっこない「格差」

 

でもね。。。

 

アザゼルが一番腑に落ちなかったのが、

新日本プロレス側は中邑選手に対し慰留交渉をほとんどやっていなかった

って箇所。

コレが手塚社長の退任につながった・・・というのなら、分からなくもない。

 

ただし。。。

 

WWEネットワークにハマる日本のプオタも確実に増える・・・っていうのは勇み足じゃないかしら。

WWEネットワークを観ているアザゼルから申し上げると、スラングを含めて英語が理解できないと、おそらく半分どころか20%も楽しめないと思います。

 

WWEネットワークに日本語の字幕を期待していると・・・かなり裏切られる結果になりますぞ。

もっとも・・・今回の大量離脱の結果、新日が厳しい状態に置かれた・・・という点には同意しちゃいますけど。