読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

もし、あなたが人生に失敗したと思ったら・・・大丈夫、下には下がいるんだから ~ターザン山本!さん、自分の貧乏ぶりをおカネにするの巻~

 

敗残兵がよく喋ること(笑)

何ていうか・・・「下をみれば、まだターザンがいる」っていう、人生の敗北者と自覚している方々にとって一種の精神安定剤みたいな役回りを積極的になさっているみたい。

 

先日、このサイトで宝島社が出した「実録! 超ド貧乏 ヤバすぎる最底辺の生現場」というドーでもイイ本を紹介されていたんです。

で・・・購入(こういう何の役にも立たない本って大好き!)

 

早速、本を広げて見たら、最初に目に飛び込んで来たのが

汚い・・・如何にも人生の敗北者と化したおじいちゃま・・・

と思ったら、マジでターザンさん!

 

えっ。。。

 

なぁ~んだ

あの煽りは自分が登場している(=宝島社からおカネをもらっている)からだったのね。

 

ターザンさんのステマにしっかりカタにハメられたって感じです。

そして・・・(内容をお読みになった方には分かると思いますが)アソコまで自分を落としてまでおカネが欲しいのかしら・・・と要らぬ心配をしてしまいましたぞ。

 

それにしても。。。

 

ターザンさんのお写真の汚らしいこと。

目にすると吐き気を覚えちゃった・・・

 

『老いさらばえる』とは、如何なる状況を指すのか?

この答えは「実録! 超ド貧乏 ヤバすぎる最底辺の生現場」のターザンさんのお写真をご覧になれば、おそらく小学校低学年のお子様でもスンナリ飲み込めるはず(マジです)

 

ところで。。。

 

ターザンさんには(事実婚だけどハワイで結婚式まで挙げた)奥様がいらしたはずなのですが、最近、その話題がターザンさんの日記にも全く出てこないんです。

石巻に在住の公務員であるとターザン自身が書いておられた方なのですが・・・事実婚は終幕しちゃったのでしょうか???

 

だって・・・いくらモノグサなアザゼルでも、自分の主人があんな汚物みたいになっているのを見ちゃったら、もう我慢できないもん。

半狂乱になって掃除とか洗濯とか、主人をカットに行かせるとか・・・やっちゃうな。