xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 内藤選手、木谷オーナーに喧嘩を売るの巻 ~コレよ、コレ(笑) コレがプロレスってもんですよね~

【新日NJC】初Vの内藤“真の敵”は木谷オーナー

(出所)東スポWebより

 

コレはもう、内藤選手の大殊勲でしょう。

自然な流れでオーナーに喧嘩を売るっていうシチュエーションの構築って。

 

アザゼルは、新日のストーリー作りがツマンナイってブツブツ言っていたんですが、この展開は・・・全然読めなかったし、正直、ワクワクしちゃっているんです。

だって、オーナーって組織内においては「神」にも等しい存在、それに喧嘩を売るから面白いのであって、オーナーが別格のままじゃダメよね。

 

WWEの二番煎じだと仰る方もいるかもしれないけれど、新日でこんなシチュエーションが出てくるなんて、ある意味、感慨無量(←大袈裟)

問題は、木谷オーナーが「悪のオーナー」を演じようとはしないだろうってコト。

 

せっかくのシチュエーションなのになぁ~

コレを活かせないようなら、WWEのソープ・オペラ丸出しのエンタメ路線には永遠に及ばないんだろうと思うのでござる。

 

「キッダーニ男爵」とか訳分かんないキャラを喜んで演じていたけれど、果たして、彼はビンス・マクマホン氏に近づけるのかしら?

内藤選手、両国大会の最前列に陣取る木谷オーナーを、場外乱闘のフリして、ついでにぶっ飛ばしちゃえ(笑)

 

レスラーが最高に輝くときって、「上」の存在に噛みついたときだもの。

それが「神」に等しいオーナーなら、コレに勝るものはないですよね。