読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : NJC、優勝は内藤選手・・・なんだけど、最後は・・・なんだかなぁ~って思っちゃうぞ ~優勝してもタイトルに挑戦しねぇよ、って大見得切っていた内藤さんはドコに行ったの? しかも後藤さんはオカダさんと握手で、ケイオスの中邑選手が抜けた穴を埋めるという分かり易すぎる展開に絶句~

えっと。。。

 

今年のNJC。

アザゼルは、初日の「石井選手vs.イービルさん」の試合で全部持って行かれちゃった・・・

 

「きんぐ・おぶ・だぁ~くねす、イービル」さんこと

ナベにゃんが、まさかアソコまでイイ選手だったなんて、マジでビックリ!

\(◎o◎)/!

 

試合中に観客から大きな声で

「イービル、やりすぎだろう!!」

っていう掛け声があったときには、思わず笑ちゃったんですが。

彼、ヒールとして十分やっていけるぞっ!って、感心しちゃったんです。

 

ところで。。。

 

何故、レスラーって米国での武者修行から帰ってくると、

筋肉ムキムキ怪獣

に成っちゃうんでしょう?

・・・いや、聞かぬが花でございますよね(笑)

 

さてさて。。。

 

未だ空回り全開中の後藤選手と、新日内での自分の立ち位置を見つけた内藤選手では、館内での人気も段違い。

普通に考えれば、内藤選手の優勝で決まり・・・なのですが・・・

 

アザゼルは、内藤選手なら公言していたとおり

「タイトルになんか興味ねぇ~よ

 挑戦? しねぇ~よっ!

 新日、焦んなよ」

ぐらいガァ~ンとかましてくれるんでしょう・・・と思っていたのに・・・

 

何だろ、この展開!

ヽ(`Д´)ノプンプン

 

せめて、もうチットは焦らしなさいよ。

コレじゃあ、お決まりどおりの展開過ぎちゃって、興味もダダ下がりでござるぞ。

 

でね。。。

 

挙句に・・・後藤さんがオカダ選手と握手しちゃって、ケイオス入り。

何なの、この

バリバリ予定調和丸出し感

 

今の新日のツマンナイところは、ストーリー展開が単発過ぎちゃって、コジンマリしちゃっていること。

もっともっとグチャグチャにしちゃって、

エェ~、ウソォォォオオ!

って感じでサプライズさせまくるぐらいの長期的な展望に立ったストーリー展開なんじゃないかしら。

 

木谷オーナー、焦んなよ!

ですよねぇ~

 

新日は、棚橋選手の疲労蓄積、タイトル挑戦の新鮮さ、そんなコトの回復を図っている間、オカダ選手と内藤選手の絡みで今年(少なくとも前半)は頑張るつもりなのかしれないけれど・・・

何だろう、この言葉にし難い違和感・・・

 

どうせなら、青森朝日放送の役員さんをバックドロップでリング外に投げ捨てるぐらいのコト、やって欲しかったです。

素人さんにまで手を出しちゃう外道ぶり・・・流石に、それは無理ってことですよね。

 

しかし。。。

 

もしかすると・・・両国大会では、ハッピーエンドなんか待っていないのかも。

タイトルマッチなのに、後藤さんが新加入したケイオスと内藤さんのロスインゴが介入しまくって、無効試合になるわ、久々の軍団抗争に発展するわ、満員の館内は大ブーイング嵐が吹き荒れるわ・・・

 

今のコジンマリとした新日に、大箱興行でハッピーエンドをひっくり返せるぐらいの度量・・・

あるかしら?

 

今年のG1前新日本プロレスワールドの加入者数を本気で5万人達成を果たしたいのなら、両国で暴動が起きるぐらいのサプライズを用意しなくちゃ。

なぁ~んて思っている、おバカなアザゼルなのでした。

   ( TДT)ゴメンヨー