読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

WWE : 海外での選手獲得(引き抜き)候補のリスト第一位は、なんと・・・新日本プロレスのオカダ・カズチカ選手! ~新日本プロレス、リアルに存亡の危機迫る。WWEは今後とも海外での有望選手の発掘(という名の引き抜き)を強化する方針なんですって~

プロレス!

 ホイ、来ましたねぇ~、新日本プロレスの存亡の危機。

楽しくなってまいりました(笑)

 

ネタ元はレスリング・オブザーバーなんですが、こりゃあ・・・新日、マジヤバ。

どうするんだろう、木谷オーナー。

 

タダでさえ重大発表を行うとオーナー自らが高らかに宣言したのに、フタを開けたら・・・

「はぁ? コレが重大発表って・・・」

と、おそらくは非常に多くのファンをズッコケさせていたかと思えば、

WWEからの宣戦布告

の前に成すすべもなく、徐々に、しかし、確実に崩壊への序曲が鳴り始めた感が笑えます。

 

念のため、申し上げておきますが、アザゼルはWWEユニバースの一員ではありませんぞ。

新日一筋のプオタでござる。

 

じゃあ、なんで新日が

「V字回復したと思ったのも束の間、もう転落の兆しが」

なんてヘラヘラ笑っていられるんだ!ってお叱りを受けるかも。

 

だって。。。

 

コレこそ、真のプロレス日米血戦じゃない。

決戦を超えた血戦ですぞ。

 

アングルまみれのリング上の闘いなんかより、ビジネスというリアル過ぎる闘い(というより暗闘)が始まっているんですよ。

コレにワクワクしないなんて、プオタの名が廃るというモノでしょう。