読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ZERO1 : ココに来て経営危機説が一気に加速したとの報道! 果たして、この逆境を跳ね返せるか? ~別冊宝島には、設立以来、一貫して美味しい思いをしていないとまで揶揄されたZERO1の経営状態は、ついにレッドゾーンに突入したのか~ 

コレは洒落にならないお話なので、冗談めいたことは書きません。

普通の会社ならとっくの昔に倒産しているほどのヤバイ経営状況でも、なかなかギブアップしないのがプロレス団体。

今、主要団体の中で最もひっ迫しているのは

スポンサーから見放されたZERO1

だが、3月以降の巻き返しを狙って必死の営業活動を続けている。

 

・・・そうなんですね。

というか、イマドキ、ブシロードやダイコク電機、あるいはIGF(というより猪木さん)の支援者であるパチンコ・パチスロメーカーのような、いわゆる「太い」スポンサーがそうそう登場してくるような経済環境にはありませんものね。

 

逆境をバネに、この危機を乗り越えられるのか。

ZERO1の真価が問われる、ということなのでしょう。

 

なお、この具体的な内容は、ご購読のうえ、お読みください。

規約のとおり、アザゼルは具体的な内容には一切触れません。