xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 2.14長岡大会 メインの行方はズバリ、ケニー・オメガ選手の勝利! ~だって、バレットクラブを解散させちゃったら、興業が成り立たないモン~

突然ですが

アニメ「おそ松さん」

かなぁ~りツボに入ったでござるぅ~

 

まさか・・・アニメでマスターベーション・シーンまで出しちゃうなんて・・・

絶対にアタマがオカシイでしょう(笑)

 

最初、「シコ松」って呼ばれて馬鹿にされている意味が分からなかったんです。

で調べてみると、男性のマスターベーションは、相撲の「四股を踏む」から来た隠語で「シコ」って言うんですって・・・勉強になったぞ。

 

あ、そうそう、刑務所の中ではマスターベーション行為が罪に問われるって知っていました?

罪名は「陰部摩擦罪」(ホントだよ)

 

性欲処理もママならないなんて・・・

皆さんもムショ送りにならないようにね。

 

でも、現在の刑務所の食事は、実はかなり良くなっていて「臭い飯」ってことは全然無いらしい。

実際にお正月には、チャンとお節も出るぐらい。

 

で・・・何の話をしているんでしょう・・・

ゴメンナサイ

 

といわけで。。。

 

ハァ~イ、今回も懲りずに予想しちゃういます!

えっ!? 前回のIWGPヘビー級選手権の予想は信じられないぐらいに大外ししちゃったろうって?

 

何を仰っているのかしらぁ~

アザゼルの言うことを信じる方がド~かしていらっしゃるのよ(←見事なまでの逆切れ)

 

で。。。

 

今回のタイトルマッチ、中邑選手という大看板が抜けた穴を埋めるべく、団体のアイコン、棚橋選手が(ある意味で満を持して)ケニー・オメガ選手の対戦相手として登場。

普通に考えれば、棚橋選手が負ける要素など、ドコにも見当たらない・・・そんな風に思えますよね。

 

だけど。。。

 

コレって・・・

棚橋選手の負けフラグっぽくないですか?

 

だって・・・ココでバレットクラブを解散させちゃうと、せっかく米国や欧州でも人気を集めている、新日として初めて世界中で売れる商品を自分の手で消滅させることになるのに。

ココは、棚橋選手がインターコンチのベルトを巻くコトによる新日に入る金銭的利益予想額とを天秤にかけるコトになるのでしょう。

 

もっとも、ココで棚橋選手をタイトルマッチ2連敗させちゃうと。彼の商品価値が大きく既存することになる・・・

ということは・・・

 

今日の試合の”レシピ”

(1)バレットクラブのメンバーは多めにご用意ください

(2)棚橋選手はメンバーが場外で思いっきりブッ飛ばしましょう

(3)できるだけブーイングを浴びるように凶器も使用しましょう

(4)棚橋選手を集団で大量出血に追い込んだらリングに戻しましょう

(5)最後にケニーさんが観客の感情をを逆なでするようにフォール

ハイ、コレで今日のタイトルマッチが美味しく出来上がりぃ~

 

バレットクラブへの憎悪も高まり、ヒールとしての立ち位置も明確に。

棚橋選手のレスラーとしての価値にも傷が付かず、むしろ同情票が集まる構図。

 

コレで棚橋選手とバレットクラブの抗争の絵図も描けるという一石二鳥。

問題は試合の決着後、棚橋選手の救出に誰が出てくるのか、って。いうところ。

 

ココは外道さんの腕に期待ということで。

さぁ!今回はド~なるかしら?