xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

プロレスって、そんなにスゴイものなのかなぁ? ~マニアがジャンルを殺すのなら、それもまた一興でござるよね~

ハイッ!

コチラがプ新日ロレス・ファン最大サイト「nWoな人々」でござるぅ~

 

知ってるよって?

ですよねぇ~

 

今や新日本プロレスの木谷オーナーですら、サイト運営者のエヌヒト様のことを

新日の代弁者

とまで言わしめるほどの存在。

アザゼルのように「はぁ?誰ソレw」クラスのド~でもイイような、その他大勢のプオタではないのでござる。

 

えっ? カクトウログ様こそ、プオタの保守本流だろうがよっ!ですって?

ハイハイ、誰がプオタの保守本流であろうが、そんなのド~でもイイんです。

 

さてさて。。。

 

どんなサイトであろうとも気、一旦人気が出ちゃうと運営が難しくなっちゃうみたい。

粘着質のアンチさん達が大量に湧いちゃうし(笑)

 

挙句にレスラーから直接クレーム入れられたり。

呟きなんかを読んでいると「マジでっ?」と思えるような攻撃もあるし。

 

人気ってホントに恐ろしい。

人気(知名度)あるが故に、それが逆回転しはじめると某ベッキーさんのような芸能人だけじゃなく、一般人ですら容赦なく餌食にされちゃう。

 

だから。。。

 

自ずと人気のあるプロレス・ファンサイトのほとんどが穏当な内容になってしまうみたい。

その中にあって「経営」という視点を全面に押し出している「nWoな人々」は、保守本流に属しながら異色の存在として際立っていますけれど。

 

でもね。。。

 

人気のあるプロレス・ファンサイトの多くで、アザゼルが感じる違和感は、

プロレスって、

こんなに素晴らしいものなんだよっ!!

って感じの使命感にも似た「熱」を感じちゃうこと。、

この熱が高いほど、アザゼルには「嘘」を感じるんです。

 

間違えないでね、そのファンの「熱」そのものに「嘘」があると言っているのではありませんよ。

プロレスがこんなに素晴らしいものなんだよっ!!

っていう無邪気な思い込みに「嘘」があるって申し上げているんです。

 

アザゼルが「nWoな人々」が好きな理由の一つが、この点において微温的であるってこと。

あるときは、平気で突き放したりするし(笑)

 

 

 

長々とクダラヌことを申し上げてまいりましたが、アザゼルは異端派のプオタとして、コレからも裏道街道を驀進しちゃうぞ!

というわけで・・・迎合なんてもっての外! 突き放ししかしないっていうか、投げっぱなしジャーマンを連発・・・

 

でもって、投げた方が失敗しちゃって、リングに強かに頭を打ち付けた挙句、脳震盪で失神しちゃうパターン。

そのうち、ダニエル・ブライアン選手のように

「引退しちゃうぞ、バカヤロー!」

( ↑ 彼はこんな下品なことは言っていません、ゴメンナサイ・・・)