xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : アザゼルの当たらないタイトル・マッチ予想 ~2.11大阪大会でのIWGPヘビー級王座の行方、それはズバリ、後藤選手!!~

 

「はぁ?

 アザゼル、気でも狂ったの!?」

 

イイですよぉ~

その程度の煽りじゃ、イマドキ、チットも凹んだり・・・凹んだり・・・

・・・リアルに凹んじゃう

(´・ω・`)

 

昭和プロレスの象徴、天龍選手越えを実現。

新日本プロレスの象徴、棚橋選手越えを果たし、プロレス大賞MVPも受賞。

 

まさに日本プロレス界に君臨する形となったオカダ選手だからこそ、ココで後藤選手が行かないと、今後のIWGPヘビー級王座を巡る攻防の絵図が描けないんじゃないかしら?

だって、もうマトモな対戦相手がいないんだもの。

 

中邑選手、AJ選手が抜け、IWGPヘビーとIWGPインターコンチを巡る攻防の様相は激変。

棚橋選手は今後、中邑選手の抜けた穴を埋める形でIWGPインターコンチの攻防ストーリーに注力するシナリオが描かれることは、すでに確定。

 

ネバーは、真壁選手、石井選手、柴田選手、高橋裕二郎選手を中心に。

IWGPインターコンチは、棚橋選手、ケニー・オメガ選手らの(縮小された)バレットクラブの面々、そして、内藤選手。

 

しかし。。。

 

IWGPヘビー級王座という団体の象徴を取り巻く攻防ストーリーが・・・描けない・・・

オカダ選手が君臨する構図は分かるんだけれど、相手が後藤選手しか・・・いないって・・・

 

コレはいくら何でもマズイですものね。

ココで後藤選手がイカれちゃうようなシナリオは、凄く真っ当なんだけど、ソレをやっちゃうと次の手が・・・あるのかしら???

 

でもね。。。

 

新日は、もう恒例になっている2年に一度の「後藤押し」の周期に入ったわけなんですが、この「後藤押し」って、見事なぐらいに中途半端で終わっちゃうんですよねぇ~

コレと似通っているのが「内藤押し」(笑)

 

大方のプオタは、今や絶対的な地位を築き上げつつあるオカダ選手の防衛を当然視しているんでしょう。

「どっかの彗星みたいに周期的にやってくる、いつもの後藤押しだろ」と馬鹿にしているんでしょう。

 

でもね。。。

 

今回は前提条件が違うんだもの。

だって・・・もうオカダ選手に絡む適役の選手がいないのよ。

 

ココはキャプテンが介入したりして、オカダ選手を傷付けない形で決着を次回以降に持ち越すストーリーを選択するものと推察しちゃうぞ。

もし、後藤選手、アレだけブーイングを浴びながらのアングルを続けているのに負けちゃったら、「後藤革命」ならぬ「後藤彗星」の公転周期に入ちゃって、次回のアングルはまた2年後に到来することになっちゃうんだもん。

 

ココは一旦、後藤選手にベルトを移動させておいて、夏以降に満を持してオカダ選手のベルト奪回のストーリーになるんじゃないかしら。

さぁ、当たらないことには定評のあるアザゼルの予想、今回はドーなるのか???