読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

「別冊宝島 プロレス 悪のアングル」を読む ~ノア「永久凍土」編(その2) 西永レフリー失踪の真相は・・・警察に拘留されていたからって・・・~

プロレス!

申し訳ございません。

このネタ、軽々に書けません。

 ( TДT)ゴメンヨー

 

だってコレ、刑事事件ネタなんだもん。

結局、嫌疑が立証されなかったから処分保留のまま釈放、ってコトらしいんです。

 

嫌疑が住居不法侵入と窃盗容疑・・・

こんなのアハハハって笑いながら書けるもんですか。

 

無理、超無理、絶対に無理

一歩間違えれば、名誉棄損だって成立し得るんだもの。

 

業界では、

(1)西永レフリーが一貫して否認していたが故に拘留期間が伸びてしまったこと

(2)普段から真面目な態度をとっている西永さんが窃盗などするはずがないこと

から、冤罪だ!という意見がほとんどなんですって。

そのくせ、ノアの内部(レスラー)からは、西永レスリーが会社のおカネ500万円を持って逃げたというデッチアゲ事件をネタに宝島社に売り込みまでしたクズがいるんだって・・・

 

ノアは組織も個人も腐り切っているのかもしれません。

仲間を守るどころか、ネタをデッチ上げてまでおカネに変えようとするクズがレスラーとしてマット上で跋扈する、落ちるところまで落ちた組織の有様。

 

ちなみに、西永さんは(警察に拘留期間中は外部との連絡が遮断されるとはいえ、結果的に失踪したことで会社に迷惑をかけたため)この件でレフリー以外の役職を外されちゃった・・・

おかげで対外交渉・折衝できる人間が、ノア内部にはいなくなった・・・

らしいのです。

 

というわけで、西永レフリーの失踪の真相なるものがお知りになりたい方は、

別冊宝島 プロレス悪のアングル」

買って読んでね。

(立ち読みでもイイよ(笑))