xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : イマドキ海外情報も、ほとんどリアルタイムに入ってくるんだから、もうチット考えたアングルを作ってよ ~AJスタイルズ選手、米国ではバレット・クラブのメンバーに祝福されてWWEへ~

 

えっと。。。

 

先日の後楽園ホールでのAJスタイルズ選手が、バレット・クラブのメンバーから集団暴行を受けてボスの座を追われ、追放されるという

絵に描いたようなベタベタなアングル

を見せつけられたのですが・・・

 

今度は米国ROHのリング上では、バレット・クラブのメンバーから祝福されてWWEに移籍。

ホールでの出来事は子供にでも分かるレベルのアングルだとはいえ、もうチット考えて作り込んだくれないと・・・

海外情報が日本語サイトでガンガン手に入る今じゃ、出てくるのは溜息だけ。

 

シッカリとシナリオを作り込んでおかないと、創作上の安っぽさが露呈しちゃって

コレだからプロレスは、

モンキー・スポーツだって

馬鹿にされんのよっ!

なぁ~んて感じちゃうんです。

ケニー・オメガ選手だって、米国でのインタビューでは「できるだけ早期に米国のマットに帰ってきたいと考えているんだ」と回答しちゃっているわけで、そんなのをドーやって応援しろっていうわけ?

 

新日は、おそらくプロレスのストーリー作りの対象から、プロレスはエンタメだと分かったうえで楽しんじゃうスマート層は除外しちゃっているような気がするんです。

言葉を巧まずに申し上げれば

ドーセ、プロレス・ファンなんか
馬鹿ばっかり(笑)

と見下してるんじゃないかしら?

 

もちろぉ~ん、これはアザゼルの穿った見方であることは承知しておりますし、アザゼルの考え方が正しいなどと申し上げる気はサラサラございませぬ。

でもね・・・木谷オーナー自らが

「新日の一層の成長には、海外のファン獲得が不可欠だ」

と仰るのなら、アザゼル如き低レベルのプオタから馬鹿にされるような子供向け番組みたいなチャチなアングルはお止めになった方が宜しいかと存じまするぅ~

 

  

というより。。。

 

 

もしかすると、コレが現在の新日の限界を指し示しているような気もしちゃうんです。

世間のオトナの皆様が観ても耐えられるストーリー作りは・・・出来ないんだろぉ~なぁ~って。

 

いつまで経っても単発っぽいアングルばっかりじゃ、WWEのことをソープ・オペラだと笑えないぞ。

レスラーはレスラー(もしくはレスラー出身者)の指示しか聞かない、そんな悪しき慣習を続けている限り、WWEに勝てるとは思えません。

 

新日もWWEみたいにプロのシナリオ・ライターを採用して、年間を通じて目まぐるしいほどの展開をみせていかないと、ベースは苔むした昭和プロレスと同じになっちゃう。

デジャブばっかのリングじゃ、10年経ってもプロレス・ファンの裾野なんか広がるものですか。