xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

オーディオ : USBノイズ・フィルターはホントに効くのか? ~IFI「iPurifier2」とステレオ誌の「付録」(ES-OT4)を比較してみたよ~

 

 

 

(最初に)

アザゼルは、どっかのサイトみたいにアフィリエイトなど致しません。

ご興味のある方は、ご自身でご勝手にアマゾンでも何でもお探しくださいませ。

 

さてさて。。。

 

PCオーディオを愉しんでおられる方の中には、PCとDACをUSB接続されていらっしゃる方も多いことかと存じます。

個人的には、USBノイズ・フィルタなんかより、PCを含めた電源周りを固める方が先だろうと思うものの・・・今回は止めておきます。

 

USBノイズ・フィルタとして大々的に売り出しているIFIの「iPurifier2」買ってみました。

ついでにUSBの電源部分を分離し、クリーン電源を送り出す機材も。

(完全にIFIの宣伝に乗ってしまったアザゼルです・・・(´・ω・`))

 

ちょうど過去に購入していたステレオ誌(4,000円弱)の付録にUSBノイズ・フィルタが付いていたので比較してみましたぞ。

価格はIFIの方が機材全部合わせると10倍以上高価なのですが、それほどの差が果たしてあるのしら???

 

結論から書いちゃうと・・・アザゼルの耳でハッキリと分かるほどの差なんか・・・

全然ありゃしません 

 (´;ω;`)ウゥゥ

また・・・体よく騙されちゃった気分です。

 

DACにはそれなりのモノを使用しているから、そもそも電源周りはガチガチに固めていたから・・・そんな理由で効果が無かったのかもしれません。

でも、コレだけ変わんないとショックでござる。

 

それどころか、ステレオ誌の付属のUSBノイズ・フィルターをPCとDACの間ではなく、PCとNASの間に入れると・・・

良い意味で音が変わる

コレは信じられないほどのコストパフォーマンスの高い音質変化。

 

アザゼルの個人的な感想でしかございませんが、IFI「iPurifier2」を購入することをお考えなら、遥かに安価で効果も高いステレオ誌の「付録」をお使いになることをお勧めいたします。

おそらく「失敗したぁ~!」と嘆かれることはあり得ないと思いますぞ。

 

・・・

・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・

 

っていうより、「音が一皮むける」なんてこと、ことアザゼルの環境じゃあ「iPurifier2」では一切起きませんでした。

所詮は宣伝文句の類だと鼻で笑っている方が吉ですぞ。

(自分の買った製品を貶すのは・・・正直、ツラいけど、あの過剰な、余りにも過剰な宣伝には我慢できませんっ!)