xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : もうグダグダ言うのは止め。そんなことより、中邑選手無き後の新日を考えてみませう ~コレでバックステージのボスは完全に棚橋選手の手中に。そして、ステップアップする選手は誰なのか。~

 

 えっと。。。

 

中邑選手の移籍問題について、やっとココロの準備が出来ちゃったアザゼルです。

もう「去る者は追わず」でござるよ。

 

”良い意味でも悪意味でも異質な存在であった”中邑選手が抜けることで、新日の中から「格闘技」色が一層薄れて、プロレスに純化していくことになるわけですし。

むしろ、復活した総合格闘技(RIZIN)との差別化を図る意味でも、あるいは良かったのかもしれませんぞ。

 

さてさて。。。

 

菅林会長も過去のインタビューで仰っていたように、引退後、新日の経営陣に名を連ねる可能性がある選手は棚橋選手と中邑選手の二人。

今回の騒動で中邑選手が新日でのキャリアを自らの意志で捨てたことにより、棚橋選手は引退後も会社内で大きな力を持つことがほぼ確定的。

 

現役最長老のレジェンドであり海外では新日の象徴でもあるライガー選手、世間一般での知名度No1であり(実はイイヒトで)選手間の信頼も厚い真壁選手、ともに明確な棚橋選手支持派。

年齢的にも(今年40歳)WWE行きが困難な棚橋選手に対して、現在の経営陣が安心できるのも大きな要因。

 

コレまで以上に、新日の中で棚橋選手がバックステージのボスとしての地位を確立する、というより、事実上、棚橋体制に一本化されるのでしょう。

ブッカーである外道さんとの関係も気になるところです。

 

で。。。

 

今後の問題で一番大きなものは、オカダ選手がこれからも新日での活躍を選択し続けるのかどうか。

つまり、中邑選手に続き、オカダ選手が新日を捨ててWWEに走ったら、流石に新日も終わり・・・コレだけは何としても避けたいところ。

 

新日はオカダ選手の確保のために、金額を含めて契約の大幅な見直しを行うのか?

あるいは、しないのか?

 

新日と複数年契約してくれたら金額アップだけじゃなく、大好きなフェラーリを1台あげるよ!ぐらいのコトはしてもらいところ(笑)

オカダ選手が抜けたら、新日、マジで沈没しちゃうので、現経営陣、というより木谷オーナーの英断に期待。

 

でね。。。

 

おそらく現役選手にとって大切なことは、AJ選手、特に中邑選手という四天王クラスが抜けたことで

「俺は新日内でステップアップできるのか?」

ということでしょう。

某サイトの記事によると、そんな下品なコトを声に出して喋っている新日所属レスラーも既にいるのだとか(笑)

 

候補は、ケニー・オメガ選手、内藤選手、後藤選手といったところかしら。

ちなみにIWGPインターコンチのベルト、一旦はケニー選手が巻くのでしょうが、現在の人気を考えれば、結局は棚橋選手が巻く展開になるのでしょう。

 

今後、IWGPはオカダ選手を軸に、IWGPインターコンチは棚橋選手を軸に、IWGPタッグは真壁選手・本間選手を軸に、NEVERは柴田選手を軸に展開すると考えれば、

収まるところに収まる

って感じですよねぇ~

問題は内藤選手と後藤選手がドコまでステップアップできるのか・・・ってところでしょう。

 

後藤選手の場合、器用貧乏の例えの如く、主役にはなれないが、どんな役回りでもこなせてしまうのが便利屋からステップアップできない要因だとすれば、もっともっとエゴイスティックに立ち回ってもイイんだと思うんです。

内藤選手の場合、仲の悪かった中邑選手の席が空いた以上、どんなことをしてでもポスト中邑の地位を奪いに来るでしょうし、そうすべき。

 

内藤選手も後藤選手も、言葉が先行しがちなキライがあったけれど、今回は貪欲に己の地位向上を果たして欲しい。

レスラーという特殊な職業を選択した理由を考えれば、レベルアップの好機だと喜ぶぐらいの貪欲さをみせるときが来たってことですよね。

 

最後に。。。

 

ケイオスは自然消滅しちゃうのか?

すでにヒール軍団としての役割を失ってしまっており、新鮮さを維持するために新ユニット設立に動いてもイイ時期。

 

ただ・・・

矢野さんのDVDが無くなるのは・・・

イヤです。