読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 1.4東京ドーム大会、シングル・タイトル・マッチの行方はコレだっ!(ウソ) ~また予想しちゃうぞ!・・・あんまり当たらないけど(涙)~

 

えっと。。。

 

今年の新日本プロレスの狙いは、棚橋選手の仰るとおり、

新闘魂三銃士の復権

なのだろうと思うのでござる。

やはり客の呼べる選手がシングルのタイトル戦線に顔を出さないと、興行上もマズイでしょうから。

 

まずはNEVER選手権試合から。

 

前哨戦が柴田選手が石井選手を圧倒していたことを考えると、プロレス興行の定石としては石井選手の勝利となるところ。

しかも、石井選手は、昨年に真壁選手越えを達成しての王座返り咲きを果たした初防衛戦であることを考えると、はやり石井選手の防衛となるのが順当なところでしょう。

 

しかぁ~し、アザゼルの予想は、

柴田選手のNEVER無差別級王座、初戴冠

とみます。

石井選手の会場内人気はスゴく、石井選手が防衛しても、館内はハッピー感に溢れるとは思うものの、そろそろ柴田選手にタイトルを奪取させないと、リアルに中堅選手で終わってしまうオソレがあるので、ココはプチ・ブレイクさせるために東京ドーム大会で戴冠させるんだろうと予想。

むしろ、ストーリー上、石井選手は初の真壁選手越えという勲章をもらったわけで、東京ドームという最大の舞台で「寝る」理由も十分にあるんじゃないかしら。

 

次はIWGPインターコンチ。

 

コレはAJ選手勝利の一択。

IWGPヘビー級王座戦線の最前線にいたAJ選手が唐突にインターコンチに挑戦を表明したことからして不自然。

もしコレでAJ選手がインターコンチの奪取に敗北しちゃうと、AJは文字通りピエロになってしまうので、AJ選手の勝利以外には想定できないんです。

 

ただし、万が一、AJ選手がピエロになっちゃうシナリオなら、アザゼルはAJ選手が新日本プロレスから離脱、すなわち、WWE入りするのだろうと思うんです。

もっとも、NXTあたりに編入されちゃうんなら、彼が現在得ている収入(年間4,000万円超)を得られるわけもなく、米国ではTNA色が強すぎ、年齢も高いことを考慮すれば、WWE入りという選択は現実的ではないと考えるのですが・・・

 

最後は、新日の至宝、IWGPヘビー級王座

 

現王者オカダ選手が防衛すれば、昨年の東京ドームで流した涙の雪辱を果たすということでストーリー上も成立する流れ。

昨年のプロレス大賞受賞に花を添えることにもなり、まさに新日はオカダ時代の到来を宣言することにもなりましょう。

 

しかし、だからこそ、アザゼルは

新日の至宝の行方は、棚橋選手の奪還

だと思うんです。

 

ココでオカダ選手に敗北させてしまうと、棚橋時代の終焉を色濃くイメージさせてしまうことになり、棚橋選手の人気を考えると興行上、とても得策であるとは考え難いからなんです。

棚橋選手はもう40歳になろうかという年齢に達しており、人気を維持できる期間もさほど長くないことを考慮すれば、ココでオカダ時代へと本格的に移行させるのは、ドーみても得策であるとは思えません。

 

特に、新日の場合、オカダ選手と同じぐらいの年齢層にライバルらしいライバルがいない状況を鑑みれば、この段階で棚橋時代から移行させるのは、かなり無謀な試みであるといえましょう。

オカロードこと、元全日本レスリング王者の岡選手がプロレス入りを表明したとはいえ、彼がスターダムに上がってくるのは、(いわゆる特待生扱いで短期間に上がってくるでしょうが)まだまだ先であることからも、この考え方が大きく間違ってはいないと思うんですが・・・

 

 

さあ、今年もブッカーである外道さんとの知恵比べ。

今回の予想は当たるかしら?

(´-ω-`)う~む