読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ノア : ノアvs.鈴木軍 最終決戦 12.23大田区大会観戦記 ~最後の仕上げは、杉浦選手の裏切り、そしてKY潮崎選手の救援劇の2連発・・・カンベンしてよぉ~

プロレス!

えっと。。。

 

今回の大田大会はチケットの販売も好調で、ノア(といっても今や新日の傘下団体だけど)も久々にウハウハしちゃったんでは?

いいですよね、興行の売り上げが好調で、団体が潤うというのは。

 

最後の展開はともかく、それぞれの試合も面白かったし。

ノア勢がシングルのベルトを奪還できたのも大団円って感じで、如何にも年末の大箱興行っぽいし。

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・

 

なんて言うとでも思った?

バッカじゃないの、ノアって。

 

まず最初にフザけてんのが

全試合、事前予想どおりの

バリバリ予定調和の世界!

イマドキ、コレだけシナリオ感の溢れる興行ってあるんだぁ~って、むしろ、別の意味で感心しちゃったぞ。

 

アレだけタイチ選手が煽ったおかげで、むしろ石森選手が敗北することは無いんだなぁってことぐらい分かったけれど・・・

そんな予定調和をぶっ壊して、

石森選手をリング上で無理やりモヒカンにしちゃって、キレた観客が暴動を起こす

ぐらいのことはやってほしかったなぁ(ウソ)

 

で、しかも今回の興行のトドメはナンと2連発!

サッスガ、ノア!

沈没する団体は一味も二味も違うでござる。

 

最初は、試合中にではなく、何故か試合後に杉浦選手が乱入してノアを裏切るアングル。

この茶番劇には、杉浦選手というより、鈴木軍の総大将、鈴木選手の手腕の方にガッカリ。

 

鈴木選手のいう

「誰も見たことの無い風景」

って、こんなチンケなモンですか?

鈴木選手こそ年間MVPだと主張してきたアザゼルも、リアルに凹んじゃうぞ。

 

コレが鈴木マジックだというのなら、もう鈴木選手は賞味期限切れなんじゃないかしら。

 

挙句に・・・

最後の潮崎選手と丸藤選手の掛け合い漫才

ミエミエの展開じゃないですか。

観ていて鳥肌が立ちそうだったぞ。

 

丸藤選手が潮崎選手と握手でもしちゃったら、杉浦選手の裏切りは潮崎選手復帰オメデトー!のシナリオにしかならないんだから、ダシに使われ杉浦選手こそ浮かばれなくなっちゃう・・・から言っているんじゃありません。

どうせ潮崎選手が出てくるんなら、

裏切った杉浦選手を剛腕ラリアットでブッ飛ばした、その返す刀で、やっとこさGHCヘビー級王座という団体の至宝を奪還した丸藤選手も同じく剛腕ラリアットでリング外にまでブッ飛ばしちゃって、

「オマエラ全員、ブッ潰して、俺がノアの頂点に立つ!」

ぐらいのコト言いなさいよ・・・

 

何て言えば良いのか・・・

ノアに出戻っても、潮崎選手は「塩」崎さんのママでしたって・・・

スベリまくったギャグを演じている芸人を観ているようなイタタマれなさ。

 

それにしても。。。

 

コレでもなお、ノアの茶番劇を観続けたいんだろうか、ノア・ファンは?