xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

アザゼルの今年のMVPは・・・鈴木みのる選手! ~独自の世界観の構築と納得性の高い差別化の実現~

 

 

えっと。。。

 

上にある「俺達のプロレス大賞」って、プロレス・ファンによる私的なものなんですが、むしろ、政治色が無いだけに純粋に面白い。

東京スポーツが選定する「プロレス大賞」って、

結局、今年も新日本プロレスなんでしょうから(笑)

 

経済的に非常に厳しい状況に陥り、業界での政治力なんて皆無に等しいレベルにまで零落しちゃった全日本プロレスの場合、いくら素晴らしい試合を行ったところで、大賞はおろか、殊勲賞等の三賞にも、ベストバウトにも、新人賞にも、選ばれることのない、どっかのインディ団体と同列の扱い。

東京スポーツ主催の「プロレス大賞」からうかがい知れることは、現在の日本プロレス業界の構図が

新日本プロレスとそれ以外(その他大勢)

という区分けが厳然となされているっていうことぐらいかな。

 

でね。。。

 

彼らが選んだMVPがアザゼルと同じ、鈴木みのる選手だったんですが・・・

彼のように確立された独自の世界観を持ったレスラーって、ほとんどいないから、選ばれて当たり前といえば、当たり前かな。

 

アザゼルみたいな初心者に、プロレスの何たるかを語る資格があるのかどうかは分からないけれど、鈴木みのる選手の試合って、ホントに納得性が高いんです。

技の正確性、切り返しの必然性、他の選手のような技と技のつなぎに一拍置いちゃうようなことのないスムースな連続性、技の痛みを観客に嫌でも分からせるスキルの高さ、そして、リングの上での厭らしいほどのパフォーマーぶり・・・

どれをとっても一級品。

 

彼だって人間ですから、体調の思わしくないとき、気分がどうしても乗っていかないときだってあるはず。

だけど、そういう面を絶対に見せないように周到な配慮を常にしているプロとしての自覚の高さも特筆すべきものだと思うんです。

諏訪魔さんとは違うんですよ、プロの自覚のレベルが!)

 

鈴木みのる選手の持つ彼独特の世界観ってホントに崩れないし、何より観戦していてオモシロいんです。

乱暴に一言でまとめちゃうと、

今日、会場に足を運んで良かったなぁ~

と思えるんですよね、彼の試合って。

 

タナさまのファンのアザゼルだけど、こと「プロレスの上手さ」という観点で比較すれば、チット相手になんないかなぁ~って思えてしまいます。

 

ただ、鈴木みのる選手はフリーであるが故に、フリーとして必要とされる「外敵」要素を非常に色濃く出さざるを得ないために、ドーしても

陰の雰囲気が強すぎる。

コレに対して、タナさまの場合、

これでもかっ!っていうぐらいに

陽の雰囲気に包まれている

から、人気が出るのは、やっぱり「陽」のタナさまでしょうね。

 

もっとも。。。

 

プロレスは、相手を如何に輝かせるのかを競うゲーム

でもあるので、相手を輝かせる技量の高さでは・・・鈴木みのる選手に比肩できるレスラーなんて・・・いるのかしら?

褒め過ぎの感は承知の上なんですが、鈴木みのる選手の試合を眺めていると、アザゼルのような初心者にも、なるほどぉ~そうやって攻めると効果的なんだ、とか、こういう風に技をみせると全方位の観客に分かり易いんだなぁ~って自然と思わせる「説得力の高さ」は、否定のしようがありませんもの。

 

ただ。。。

 

そんな他を寄せ付けない鈴木みのる選手の境地をも凌駕するんじゃないかしら・・・と思わせる日本人レスラーがいるんです。

皆さん、よ~くご存知の

オカダ・カズチカ選手

 

アザゼルは、今年になってからのオカダ選手のレスラーとしての成長ぶりには目を見張るものがあると感じています。

年上のオカダ選手に上から目線でモノを言うのは失礼なのですが、それを承知の上で申し上げさせていただくと、

彼の持っている素材のレベルの高さは、

他を遥かに凌駕している

って本心から思います。

 

チット比べものにはならないんじゃないかしら?

今年のオカダ選手の完成度の高さは、他の選手が血の滲むような努力をしても到底及びもつかないほどのモノがあるように思えます。

 

逆に考えれば。。。

 

オカダ選手の泣き所は、同じぐらいの年齢層の選手の中に好敵手となり得る選手がいないってことかな。

別に名勝負数え唄なんか観たくないけれど、ヤッパリ切磋琢磨すべき好敵手って必要ですよね。