xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : マイケル・エルガン選手、WWEに行っちゃうんでしょうか・・・(´・ω・`) ~最近のWWE、ザック・セイバー・ジュニア選手といい、コレは!という選手を漁り過ぎじゃない!?~

えっと。。。

 

マイケル・エルガン選手、超オシのアザゼルです。

プロレスって、非日常空間を体験する場(空間と時間)である以上、登場するレスラーには常人とは明らかに違うモノを観客・視聴者に感じさせる必要があるんですが・・・

エルガン選手の場合、あの

信じられないぐらいの化け物じみた怪力

   ( っ・∀・)≡⊃ ゚∀゚)・∵.

がソレを実現しているんですよねぇ~

 

でも。。。

 

新日本プロレス最大ファン・サイト「nWoな人々」を主宰されているエヌヒト様によると、エルガン選手もWWEに行くらしいんだとか・・・

エルガン選手大好きなアザゼルとしては、もう

 超(´・ω・`)ションボリ

でござるぅ~

 

ただ。。。

 

エルガン選手は普段、非常に寡黙なヒトで、暇さえあれば黙々と一人でトレーニングをしている・・・というコトは、色々なところで書かれているとおり。

かつてWWEに7年ほど所属していたヨシタツ選手のブログに書かれていたように、マット上のパフォーマンス以上に人間関係が非常に大切といわれるWWEで、彼が成功できるのか・・・アザゼルは心配なのです。

 

むしろ、母国カナダから遠くなれた日本で10年ぐらいトップ戦線で頑張った方が、金銭的にも成功を収めるんじゃないかとも思うんです。

言語も文化も風習も違う日本より、カナダの隣国、米国での生活の方が圧倒的に楽なのでしょうが・・・

 

カール・アンダーソン選手だって、WWEから計4回も誘われたらしいけど、もし彼がWWEを選択していても、現在の日本で稼げるような金額を果たして得られていたのかどうか・・・

それどころか、ホントに容赦のない首切りが行われるWWEで、数年後に彼の名前が所属選手のページに残っていたのかどうか・・・疑問です。

 

ザック・セイバー・ジュニア選手の場合、別冊宝島で暴露されていたような低賃金のノアで燻るよりも、WWEという世界の頂点で活躍した方がドー考えてもイイでしょうけど。

そもそも彼の夢はWWEで活躍することだったらしいですから、拍手で送り出してあげるべきなのでしょう。

 

さてさて。。。

 

マイケル・エルガン選手は、他の外国人選手のように、WWEを選択するのでしょうか?

それとも、新日本プロレスが条件を引き上げて引き留めに入るのでしょうか?

 

これだから・・・マット上の闘いよりも、マットの下で行われる駆け引きの方が面白いんですよねぇ~

結果がドーであれ、アザゼルはワクワクが止まりませぬぅ~

  ( ´艸`)たのしみ~