読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 暗黒期からV字回復したことは認めるけれど・・・ ~ホントにWWEの日本侵攻を防ぎ切れるのかしら?~

プロレス!

4時間4時間前

ビンスマクマホンをビジネスマンとして心より尊敬。これは凄い事ですRT : なんとWWEネットワークがネットフリックス、Huluに続くネット動画配信サービス世界第5位に! ↓ エヌヒトのアメプロ万歳!

 

コレは、一時は新日本プロレス広報担当の仮の姿とまで噂されちゃった、新日本プロレス最大ファンサイト「nWoな人々」の運営・管理人「エヌヒト」様の呟きに、新日本プロレスのオーナーである木谷さんが返答したもの。

木谷さんもエヌヒト様のことをかなり信頼されているようで、たびたび返事されちゃっています。

 

「新日3万 vs. WWE130万」

 

木谷オーナーが思いっきり力を入れていた(入れている)「新日本プロレスワールド」

コレは、新日本プロレスの全公式戦がネットで閲覧できる!(多少の添え物的企画もあります(笑))というのが売りの動画配信サービス。

 

しかし有料加入者が3万人ぐらいで伸び悩み。

そりゃそうでしょう、同価格帯での動画あるいは音楽配信サービスが海の向こうからドンドンやってきている現状で、新日のプロレスしか観れない動画配信サービスにバンバン加入してもらえると思っている方がドーかしています。

 

かくいうアザゼルも加入済みだけど・・・

WWEネットワークが日本に襲来したら・・・

このまま加入し続けるのか分かりません。

 

プロレスって、会場で見るのとネットで観るのとじゃ、面白さは段違いなんです。

っていうより、比較対象にする方が間違っている、その位の差。

 

だから、ネットでも試合を楽しみたいっ!っていうプオタが、それほど多いとは思えないんですよね。

もちろんコアなファンが数万人ぐらいはいるでしょうから、2万~3万人ぐらいの有料加入者なんて、ある意味、いて当たり前。

 

WWEネットワークだって、有料加入者100万人なんて楽勝!というか単なる通過点!だなんて偉そうなこと言っていたけど、なかなかその壁を超えることはできなかったけど・・・

米国のようにCATV系の有料配信が一般化している社会と、日本のようにネット動画におカネを払って見る習慣がまだまだな社会じゃ、簡単に比較することなんかできませんけど・・・

 

新日本プロレスワールド」が現状のまま、当初目標である有料加入者20万人を達成する可能性は皆無に近いって申し上げても決して過言ではございますまい。

何かしら起爆剤が必要よね、毎日更新されて、内容も面白いものが・・・

 

おそらく、それはプロレスの試合でも、業界人の解説や応援動画でも無い、ネットでしか見ることのできない何か。

それを見つけ出し、提供できるか・・・チット期待薄かなぁ~