xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

全日の期待の星は・・・諏訪間さん!! ~秋山社長兼選手との確執で、彼の動きにリアリティが生まれる・・・かな?~

えっと。。。

 

全日、まだ生き残っていたんですね(笑)

Yahoo!ニュースのおかげで、経営危機説が絶賛拡散中の全日だけど、アザゼルはチットばかり違う見方をしています。

 

中邑選手から「ゴリライモ」と呼ばれ、選手としてダメ出しさちゃって「イモ」扱いされていた諏訪間さん(選手名は諏訪魔)。

でも、その実力(戦闘力)は、疑う余地のない一級品。

 

宝の持ち腐れっていうか何というか・・・

おそらく多くのプオタが勿体ないなぁ~と思っていたんでは?

 

そんな彼に転機が。。。

 

藤田選手という好敵手が現れた!っていうのもあるんでしょう。

だけど、アザゼルには、そんなことよりも不機嫌な諏訪間さんにリアリティが加わったことの方が興味あるんです。

 

それは。。。

 

秋山社長兼選手と確執の噂。

だろうなぁ~秋山全日の設立の際も距離を置いていたみたいだし、最近ではマッチメイクにも思いっきり不満を表明したものね。

(専務だけどねっ!)

 

これですよ、コレ!

ドレッシング・ルームでブラザー・ヤッシーさんを「かわいがり」と称してイジメまくっていたという人間性といい、リング上での弱いものイジメぶりといい、反体制というより

汚いジャイアンみたいな凶暴性

こそが諏訪魔選手の持ち味。

 

その彼がリアルに確執勃発と噂される秋山さんと抗争、さらには会社での不満を存分に吐き出せるだけの相手、藤田選手との抗争。

アザゼル的には、こういったブッカーが描いた絵図(シナリオまたはストーリー)ではない、背景に(一部とはいえ)リアリティのある抗争って大好き!

 

人間なんだもの、組織内での不満なんて一つや二つ在ったって、全然おかしくないもの。

そんなリアルな感情がリングの上で爆発する、それが観たい!

 

オイッ! 秋山!

テメーが社長になるとき、この俺様に何つったか覚えているか?

「団体の経営が苦しいからファイトマネーを減らされても仕方がないなんて言うな」

偉そうに講釈を垂れたよな!

それが何だぁ、この有様は!

テメーは社長の器じゃねぇーんだよ

このバカ社長が!

 

このぐらいのこと、リング上でバァ~ンとマイク・パフォーマンスして欲しいな。

諏訪間さん、専務取締役なんだどね。

 

自分も経営者ってことを完全に無視した発言。

聴きたいな・・・

 

だって、それがプロレスでしょう。

自己愛に満ち溢れたレスラーの勝手な言い分、サイコーじゃないですか。

 

 

 

 

 

 

 

でも。。。

 

秋山さんとの抗争とか期待しちゃうけど

その前に・・・全日・・来年・・・あるかな・・・

 

もしものときは・・・・・・・・・・

いろんな意味で、笑うしかないね

 ヽ(゚∀゚)ノ うぇ──────ぃ♪