xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

今週号の週刊プロレスの特集「剛竜馬」がスゴイ!とにかくスゴイ!! ~スゴイのは内容なんかじゃない! スゴイのは、需要なんか完全無視の「30ページ近い大特集」を組んだ佐藤編集長のやりたい放題ぶりだ!!~

えっと。。。

 

もうコートが無いと生きていけないアザゼルです。

だって、体脂肪なんか、ほとんど無いんだも~ん。

 

さてさて。。。

 

定期購読している週刊プロレス

普段は1ページも読まずにゴミ箱行きなのですが、今回は気になる特集があったのでパラパラと・・・

 

だって・・・今週号の特集、30ページ近いグラビア満載の大特集というのに・・・

その対象が

剛竜馬

なんですよ!

 

最初は、ガンバレ☆プロレスのお下品弁護士レスラー

竜剛馬

かと思って、リアルに目が点になっちゃった・・・

Σ(°□°)⊃------マジッ

 

 

それにしても。。。

 

 

流石に今回の特集

「誰ですか、それ?」

状態っていうか、需要なんか完全に度外視しちゃってる。

もっと正確に表現すれば、

佐藤編集長の個人的趣味だけで

大特集を組んじゃいました感アリアリの

気狂いぶり爆発企画

でしかないでしょ、コレ!

 

もちろん、今週号の特集、内容自体はほとんど読んでいません。

現役時代のことを1ミリも知らない故人のレスラーの話題なんて興味ないし。

 

でも、故・剛竜馬さんで30ページ近い大特集で組んじゃうなんて、サイコー!じゃないですかぁ~

こういう狂った企画があってもイイよね、内容はともかく(笑)

(●´艸`)フ゛ハッ

 

 


ただし。。。

 

 

故・剛竜馬さんの少年時代のくだりが余りにも悲惨過ぎて・・・

火垂るの墓

を読んだ後のような陰鬱な気分にさせられるというオマケ付き・・・

プロレス雑誌を読んだら、気分が落ち込みましたって・・・

 

何がしたいんだろう・・・この特集

否、だからこその佐藤編集長なのでしょう・・・