xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

「nWoな人々」に、アザゼルの疑問への回答があったよ! ~まあ・・・棚橋さん「机ドン事件」は、消化不良のまま終わりみたいです・・・~

 

金曜日の夜から右足のケガの痛みに苦しんでいるアザゼルです。

「ザマーミロ(笑)」

そんな風に思った方・・・死んじゃえ!(ウソ)

 

ホフスタッター「反知性主義」なんて読んじゃうから、こんな目にあっちゃうんですよね。

許すまじ「反知性主義」(またまたウソ)

 

さてさて。。。

 

エヌヒト様がリンク先の記事で興味深い内容をお書きになっておられますよ。

まずは内藤選手の動向から。

 

メキシコ遠征から帰ってきた後、突如新日本プロレス本隊との決別を宣言した内藤哲也。メキシコでタッグパートナーであるラ・ソンブラが所属するユニット「ロス・インゴベルナブレス」に電撃加入した。

(中略)

で、本題のXデーはいつか?であるが、明日の神戸ワールド記念ホール大会に来る可能性は極めて低い。

(中略)

では10月12日の両国国技館大会か?これも可能性は極めて低いだろう。

私がメキシコルチャ業界の関係者に聞いた話では、10月、11月の来日はかなり厳しいとの事。そして2年連続ソンブラとタッグを組んでいる「ワールドタッグリーグ」もソンブラの出場が難しい状況になっているという。

これでは「トランキーロ・フォーエバー」になってしまい、年をまたいでののらりくらり殺法となってしまう。

 

うぅ~ん、内藤選手・・・貴方に相応しい愛称を差し上げましょう。

「永遠の不発弾」

 

流石に、30歳を超えて未だにキャラクターが定まらないのは、最近のようにキャラクター・ビジネス全盛のプロレス業界において致命的。

素直にヒールに転向した方が、まだイイんじゃないかしら。

 

キャラクター・ビジネスにおいては、観客や視聴者が選手のキャラクターを理解できることが大前提。

これが確立されないと・・・そもそもビジネスにはなり得ませんもの。

 

いっそのこと、高橋選手とノーリミットを再結成して、リング上でセクシーなダンサーと絡んでいる方が様になるんじゃないかなぁ~

ノーリミットはノーリミットでも、

スケベ度がノーリミット

ってことで・・・

 

お次は、格闘技。

確かに日本での格闘技復活のマグマが活動しはじめた気がします。

 

あのPRIDEの元代表だった榊原信行氏が先日世界第2の総合格闘技団体と言われるBellator(ベラトール)の大会に姿を現し、元PRIDEヘビー級王者で人類最強の男エメリヤーエンコ・ヒョードルと契約した事を明らかにした。

ヒョードルは一度引退したものの、今年現役復帰を宣言、世界最大の総合格闘技団体UFCと綱引きの末、榊原氏の格闘技イベントにて復帰する事になった。

(中略)

この大会はフジテレビでの放送が濃厚で、同局のCSチャンネルで放送していた巌流島が突如打ち切られた事によって同イベントに関わっている谷川貞治氏が「大みそかに別の格闘技の放送が決まった」と暴露した事によって、今回の事が初めて明らかになった。

気になるのはアントニオ猪木IGFの存在だ。昨年の大晦日大会ではヒョードルが来場、そして同大会がフジテレビで中継された。

ヒョードル・フジテレビともに奪われた格好となるIGF。猪木はどう動くか。

 

格闘技そのものには興味は無いのですが、最近の”胡散臭い”動きには興味があるんです。

それにしても・・・谷川さんの次の一手は・・・あるんでしょうか?

 

最後は、棚橋さんのDDT HARASHIMA選手への「机ドン事件」

この事件、いろんな意味で中途半端な幕引きとなる可能性がプンプン。

 

「横一線で見てもらっては困る!」という言葉が独り歩きし、「インディー批判か?」という声も上がった。

これに対しHARASHIMAが一夜明け会見で不快感を示した。「いつでもやってやる」とリマッチを要求したが、具体的な話には発展していない。

またDDT高木三四郎大社長はニコニコ動画DDT公式チャンネルで「棚橋選手は未熟」と自身も不快感も露わにした。

(中略)

私がDDTに近い関係者に聞いた話では、大社長は本気で怒っているという。

その理由は「年間最大のDDTのビッグマッチがこの棚橋の発言で持っていかれ、悪いイメージが付いてしまった」からだという。

(中略)

棚橋 vs HARASHIMAのリマッチが実現する可能性は限りなく低いと言える。それどころか、新日本プロレス vs DDTという会社間の関係悪化と捉える事も出来るだろう。

 

・・・まあ・・・こうなったら再戦はしない方が両団体のため・・・ですよね。

棚橋選手にしてみたら、友好団体に客演したら、相手の舐めた態度にブチ切れた・・・って感じかな。

 

この手のトラブルって、例えば、ラップの世界じゃ決して珍しいものじゃないし、実際、相手を思いっきりdisるラップをアルバムに収めたり、ライブで公演しちゃったりしているもん。

もしかすると・・・棚橋選手は、もともと(HARASHIMA選手だけでなく)DDTの選手に強い不満を持っているのかもしれません。

 

 

 

それにしても、ルチャの世界にも、DDTにも顔が利くエヌヒト様。

ネットワークの広さは半端ないですよねぇ~