読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

プオタのアザゼルにも分かる、日本での格闘技復活の兆し ~歴史は繰り返すのか、それとも・・・~

細かなコトはさておき・・・

現時点ではプロレスにしか興味のないアザゼルにも、日本で格闘技復活の兆しを、ほとんど皮膚感覚で感じます。

 

またプロレスは格闘技に席巻されるのか?

それとも、今度は異なる展開となるのか?

 

もっとも。。。

 

ナンチャッテ格闘技のIGF

だとか

出航したかと思ったら即沈没した巌流島

だとか

もう終わっちゃった感のある興行もあることはあるんですけれど。

 

さてさて。。。

 

プロレス業界も、全体を俯瞰してみれば、好調だといわれるのは新日本、DDT、それにドラゲーぐらい。

しかし・・・もし格闘技人気が本格的に復活したら・・・おそらく一番影響を受けるのは新日本のはず。

 

嗜好の全く異なるDDTドラゲーのファンが格闘技に大挙として移行するとは考え難い一方、未だに「最強」の旗を降ろしていない新日本の場合、ファンが一気に移行することはなくても、徐々に、しかし、確実に格闘技へと流れていく・・・

「そんなことが起きない」とは言い切れないはず。

 

何度も書いてきたし、コレからも書き続けるつもりだけれど、新日はイイ加減、誰も説明できない意味不明なストロング・スタイルなるものと決別して、

「プロレスは、格闘技とは異なるジャンルのエンターテイメントです」

と宣言すべきだと思うんだけどなぁ~

コレを拒絶するから、米国ではとっくの昔に”解決”した

プロレス八百長論の呪縛

から逃れなれないんですよね。

 

最近で有名だったのが、小学生の質問に対する小島選手による一連の回答だけど、その回答の中ですら

プロレスは真剣試合なんです!!

という言葉は一切見当たらなかった。

その逆に、プロレスは真剣試合じゃないんですとも言っていない。

 

つまり。。。

 

この手の話に対しては

(1)無視する

(2)論点をズラす

(3)結論を言わない

このいずれか。

 

「プロレスって本気じゃないんですか?」

そんな素朴な、そして、誰もが感じる疑問に対して、まともに答えることのできないって、オカシクナイ?

 

プロレスのリングは、一歩間違えればホントに死んじゃう可能性が十分にある危険な”職場”

必死になって闘っているのに、八百長だとせせら笑われても無視するだけじゃ、

そりゃあ、いつまで経ってもファンの裾野は広がりませんって(笑)

 

いくら格闘技が復活しようが人気が出ようが

「あぁ~、ウチとはジャンルの違う興行ですから」

「最強!? そんなことに興味があるんでしたら格闘技をどうぞぉ~」

って笑っていなす位の余裕は持ちたいものでござるね。