読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ノア大阪大会、余りにも酷いシナリオにプオタは苦笑するしかないのかしら? ~丸藤さん、大会前に結果を喋らないでよ!!~

プロレス!

プロレスは、スポーツでもなければ、格闘技でもない。

エンターテイメントである・・・それぐらいのことは分かっています。

 

でもね。。。

 

「コレはナイ」って思うんです。

鈴木選手が、ノアに侵攻した本当の理由は杉浦選手を叩きつぶすことだったとして、一生懸命に9.19大阪大会を盛り上げようと頑張っていたのに・・・

(まあ・・・この理由も唐突感アリアリでしたけど・・・)

 

ノアはプロモ・ビデオなんかで、鈴木軍との最終決戦などと煽りながら、

田上明社長が12月23日に東京・大田区総合体育館で旗揚げ15周年記念大会を開催すると発表した。

 エースの丸藤も、新日本の鈴木軍に主要ベルトを奪われている状況に「この状況を打破して、大田区総合体育館で、これぞノアという試合を見せる。メーンのリングに立っているのは自分」と、復活をアピールした。

 

マジでバッカじゃないの!?

コレじゃ、

(1)大阪大会の勝者はバッドエンドを演出し、鈴木選手の勝利

(2)バッドエンドで会場が静まり返る中、丸藤選手がリング・イン

(3)鈴木選手に12.23太田大会での挑戦を表明し、会場爆発

といった絵図を描いているのがバレバレじゃん!

 

流石に、ソコまで露骨じゃないでしょう・・・と思っていたのに・・・

そのまんまのシナリオ・・・

 

リアルにヒド過ぎ!

ところが大阪のプオタの皆さんも、こんなバカげた演出には呆れたみたい。

 

会場爆発どころか、丸藤選手にブーイングを浴びせた。

当然ですよね、こんなファンをバカにした演出を、はいそうですかと受け入れるもんですか!

 

そもそも、12.23太田大会は、ただでさえ死に体とも揶揄されるノアにとって、絶対に失敗は許されない大箱興行。

ノアの所属選手だけじゃ、とてもじゃないけどフルハウスにできるわけがない(正確には「満足に客も呼べない」)から、絶対に鈴木軍との抗争がメイン・テーマになることぐらい、スマート層のプオタなら誰でも分かるシナリオ。

 

いずれにしても、大阪大会で杉浦選手の勝利という結果は導き出されないんですよね。

大阪のファンは、もっと怒ってもイイ!とすら思うんです。

 

もうね。。。

 

12.23太田大会の結果がドーであれ、

ノアは、もう沈没してよ

って思う。

っていうか、

12.23太田大会のチケットを断固として買わないことが

むしろノア・ファンの矜持ってもんじゃないかしら

とすら・・・思えてくるんです。

 

こんな安っぽい抗争に頼らないと、まともな興行も打てないなんて・・・

プロレス団体として終わっているんじゃないの?