xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 棚橋選手、ドコに行く!? ~来年の1.4東京ドーム大会のメイン・イベントまで、コレといった目玉の無い状況を如何に有効に活用するのか~

 

 

史上最長のG1を制し、無冠ながらも業界のエースであることを改めて見せつけた棚橋選手。

しかし・・・彼には大きな課題が・・・

 

それは、言うまでもなく

来年の1.4東京ドーム大会まで

コレといった目玉が無い

という状況。

 

G1勝者が東京ドーム大会でのタイトル挑戦するのは、(興行上の集客目的から年後半に挑戦権争奪マッチを連発したところで、G1の権威を自己否定するような自殺行為をするわけもなく)既定路線。

つまり、G1勝者は、来年の東京ドーム大会まで

最強の挑戦者であり続ける

ことが東京ドーム大会を成功させるための絶対条件であるが故に、何とも中途半端な状態に置かれてしまうんですよね。

 

じゃあ、誰が何と言おうが今や業界の大看板となっちゃったエース棚橋選手は、ドーすべきなのか・・・

言い換えれば、

「この組合せ、何度見たんだよ!」

って思われるのが当然であろう、オカダ選手vs.棚橋選手のIWGPヘビー級タイトルマッチを如何に新鮮味溢れる闘いへと昇華せしめるのか・・・

 

答えは・・・

ダブル・タイトルマッチ、否、

トリプル・タイトルマッチにしちゃえばいいじゃん!

 

業界の盟主たる新日の頂点に立つIWGPチャンピオンたるオカダ選手が、他団体に出向いてタイトルマッチを行うわけにはいかない。

だったら、棚橋選手が他団体に侵攻して、その団体のベルトを腰に巻くって寸法。

 

狙いは、棚橋「机ドン」爆弾の投下によりリアル抗争勃発中のDDT、それに今や新日の二軍と化したノア。

DDTの集客力は少なくとも東京ではメジャークラスだし、ノアは零落れたとはいえ、かつては三沢選手や小橋選手も腰に巻いた至宝、GHCヘビー級ベルトがある。

 

DDTの場合は、高木「大社長」が軽々に諾と言うとは思わないけれど、棚橋選手が

「HARASIMA、リターンマッチがしたいんなら、お前んとこのベルトを持ってこい。

 俺は東京ドーム大会でのIWGPヘビー級王座挑戦権を賭けてやる!」

コレって、面白くないですか?

 

リアル抗争が背景にあるだけに、DDT側も

「HARASIMA選手が東京ドーム大会に出るかも、しかもメインで!」

と煽れる(集客ゴッチャン状態)し、その前にKO-D無差別級王座を賭けて坂口征夫選手との闘いでも集客ドッカン(笑)

 

だって、坂口征夫選手との闘いのテーマは、

DDTを格下だとバカにした棚橋をブチのめすために、そのベルトが必要なんだ!」

ですものね。

プロレスは舐められたら負けだもん。

 

もっとも。。。

 

それだけ煽っておいて、HARASIMA選手がまたしても棚橋選手の軍門に下ったら・・・

DDTファンに与える衝撃は半端じゃないし、ヤッパリDDTはダメなのかなぁ、なんて思いっきりバッド・エンドを迎えるわけだから、DDTのメリットは無い?

 

あると思うぞ。

棚橋選手に再度敗れてベルト流出という異常事態まで招いちゃった戦犯と化したHARASHIMA選手が、泣きながら

「コレで終わりじゃないんだよ、こんなんじゃ終われないんだよ!

 棚橋ぃ~、今度は引退を賭けてお前に挑戦してやる!

 俺はお前を絶対に超えてみせる!」

ぐらいのマイク・アピールしてごらん。

場内爆発だよ。

 

もちろん。。。

 

裏では新日・DDT間では、来年のしかるべきときに「棚橋が寝る」約束はチャンと出来てる(笑)

団体間抗争の興行なんだもん、そんなの当然。

 

「来年のしかるべきとき」とは、東京ドーム大会で、オカダ選手を下してIWGP、GHC、KO-D無差別のトリプル・クラウンに輝いた棚橋選手が、IWGPのタイトルを落とした後。

何か月も待たせちゃうと鮮度が落ちちゃうから、棚橋選手は結構早い段階でIWGPのタイトルを喪失している・・・そんな感じかな。

 

で。。。

 

ノアの至宝、GHCヘビー級のベルトなんだけれど、コレは納得性の高いストーリーをこれから作らないとイケないので大変(笑)

だって・・・9.19大阪府立体育館でのGHCヘビー級タイトルマッチの行方は、フツーに考えて杉浦選手の勝ちブックだもん。

 

杉浦選手がタイトル奪還しちゃうと・・・ストーリー描くの大変。

だって、

「棚橋は、新日とそれ以外を格が違うと言い放った。

 ノアも黙っちゃおけない!」

・・・そんなことを言われても・・・昭和プロレスじゃあるまいし・・・

 

あるいは杉浦選手と

「助けに来たよぉ~」

と鈴木軍がタイトル戦に介入しないように杉浦選手のセコンドに勝手についた新日第三世代のオジさま選手たちと抗争開始させちゃうとか(笑)

「勝手に他人のマットで好き勝手やってんじゃねぇ~よ!

 いくらウチが苦しいからって占領軍ズラかよ!

 お前らの思うどおりにはさせねぇ~よ!」

故・三沢選手の霊が乗り移ったかのようなお言葉(苦笑)

 

その過程で棚橋選手が絡むっていうのも、アリっていえば・・・アリ?

うぅ~ん、難しいなぁ・・・

 

かと言って・・・鈴木選手が9.19で勝利しちゃうと、ノア・ファンにとっては超バッド・エンド。

ただし、鈴木選手が

「こんなベルト、もう要はねぇ。

 いらねぇよ、こんなクソ・ベルト!

 ・・・でもよぉ~、このクソ・ベルトをトコトン利用してやる。

 杉浦なんかより、もっともっとムカつく奴をぶっ潰すためにな。

 棚橋ぃ~棚橋ぃ~、テメーを東京ドームのメインには立たせねぇよ!

 このベルト、こんなクソ・ベルトと東京ドームでのIWGP挑戦権を賭けて闘え!」

って煽れば、とりあえずはストーリーとしては成り立つ。

 

もし新日が東京ドーム大会の成功を第一とするのなら、大阪大会の超バッド・エンドもアリ?

その後、ノアがドーなるのか知らないけど(笑)

 

さてさて。。。

 

なんせ苔の生したぐらい観飽きた東京ドームのメインのカードだけに、どれだけの付加価値が付けられるのか、それこそ新日経営陣+ブッカー陣の腕の見せ所。

東京ドーム大会の成功は新日の至上命題とされている以上、どれだけ煽れるのか、見せていただきましょう。

 

所詮はトーシロの妄想と笑う前に、最近の東京ドーム大会の煽りがイマイチだってことを忘れちゃイケないぞ。

だってプロレスの醍醐味は、

「上手に騙してね」

なんだもん。