読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

沖縄根拠地隊司令官 太田少将による海軍次官宛「緊急電報」を読む ~沖縄県での基地問題について、あたかも他人事のように振る舞うが如き態度は、先の大戦で沖縄の地に散華された方々への冒涜なのではないのか~

沖縄県民の実情に関しては、本来、知事より報告すべきものではございますが、米軍の猛攻の前に、すでに県には通信手段が失われており、牛島中将が指揮する第三十二軍指令部にもかような通信のための余力が無いものと思われます。

知事から特段の依頼を受けたわけではございませんが、沖縄の現状を見過ごすに忍びず、知事の代理として沖縄県民の実情について緊急にご報告いたします。

 

米軍が沖縄への進撃を開始して以来、陸海軍とも防衛戦闘に手一杯の状況となっており、県民の生活を顧みる余裕など殆どございませんでした。

にもかかわらず、私の知る限り、沖縄県民は青年、壮年の全員が防衛戦闘に進んで召集に応じました。

一方、残された老人、子供、婦女子たちは頼るべき者のないまま、相次ぐ米軍の砲撃や爆撃により家屋を含む全財産を失っただけでなく、我が軍の防衛戦闘の邪魔にならぬよう、狭い防空壕への避難を余儀なくされ、辛うじて米軍の砲撃や爆撃を耐え忍ぶことはできても、着の身着のままの状態で風雨に晒されるという窮乏生活を甘受せざるを得ない状況にございます。

しかるに、若い婦人らは率先して我が軍に協力し、看護婦や炊事婦はもとより、砲弾の運搬、さらには女子挺身斬込隊への志願を申し出る者すらおります。

米軍が進撃してくれば老人や子供は殺されるであろうし、女子は米兵の毒牙にかけられるだろうからと、敢えて離別を決意し、自分の娘を我が陣営の門に捨てる親までいる状況でございます。

また、看護婦らは、軍移動に際して衛生兵が見捨てた、頼るべき者のいない重傷者を助けるなど、その行動は極めて真摯であり、決して一時の感情で動いているとは思われません。

さらに、我が軍において作戦上の大転換が行われたときには、遠隔の住民地区が移転場所に指定されると、運送手段が無くなっているのにもかかわらず、夜半、雨に紛れて自力で移動する者もおりました。

 

さて、陸海軍の部隊が沖縄県に進駐してより、(一部に悪評があることは承知しておりますが、)終始一貫して勤労奉仕や物資節約を強要されたにもかかわらず、ただひたすらに日本人としてのご奉公の念を胸に抱きつつも、武運つたなく、沖縄島は草木の一本すらも残らぬほどの焦土と化そうとしております。

食糧もこの六月末には底をつく状況にあると聞き及んでおります。

 

沖縄県民、かく戦えり。

絶望的状況にあっても、かくの如く戦い抜いた県民に対し、後ほど、格別のご配慮をお願いする次第でございます。

 

昭和二十年六月六日

沖縄根拠地隊司令官 少将 大田 実

    (注:上記は現代語に訳したものであり、アザゼルの手によるものです。) 

 

太田少将は、この電報を打たせた後、沖縄県 豊見城内において自決。

(死後、海軍中将に昇進)

無知蒙昧のアザゼルが、この有名な太田少将の海軍次官宛の電報の存在を知ったのは、わずか6年前、大学入学後のことでした。

 

感情移入が過ぎるとお叱りを受けるかもしれません・・・

それでも、この電報には、この電報の一言一句には、太田少将の血が滲んでいるように思えてならないのです。

 

否、この電報に滲んでいる血は、何の落ち度も無いにもかかわらず、想像を絶する艱難辛苦を甘んじて受けた沖縄県民の方々のもの。

先の大戦での行為や振る舞いを否定したがる勢力もございますが、日本人であることを自覚するのであれば、かくの如き覚悟を示し実践された沖縄県民の方々の悲しみと苦しみは、当然に理解すべきものであるはず。

 

日本において唯一の本土決戦の地となった沖縄県において、日本民族の意地を貫き通した方々は、右翼的な見地からみても英雄でしょう。

国破れたとはいえ、英雄は英雄として遇されるべきであり、それが正義というものです。

 

しかるに、その後の沖縄に対する処遇は、明らかに正義に反するものとしか言い表しようがございません。

基地のことは沖縄の問題なのだから知らない、かような態度は日本人として許容されるべきものではなく、基地が必要だと言うのなら、かようなものを沖縄にだけ押し付けることもまた、正義に反する態度と言わざるを得ないもの存じます。