xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

W-1を退団し、フリーになった真田聖也選手、新日マットに上がるのは時間の問題!? ~コレって・・・事実上の新日のトライアウトじゃないの~

渡辺高章が真田聖也と合体、バレットクラブ討伐! | エヌヒトのアメプロ万歳!| WWEニュース

 

またエヌヒト様のサイトからの引用でござるぅ~

まあ、中邑選手がWWEのトライアウトを受けた・・・なんていう噂もあったみたいだけど・・・

 

さてさて。。。

 

真田聖也選手、先日、W-1を退団後、新日マットに登場するのでは?

そんな声も少なからずあったと記憶しています。

 

で、今回の記事。

なるほどぉ~、コレは事実上の公開トライアウトですよねぇ~

(個人的には、より一層、外見が汚くなった渡辺選手(*ノωノ)にも注目ですが・・・

 カラダが大きくなった、とか言わないところがアザゼル風味。)

 

所属選手は多いのに、若手のヘビー級選手が圧倒的に少ない新日。

W-1ではイマイチだったけれど、TNAではベルトを腰に巻いた経験もあるし、まだ若い真田選手なら欲しいんじゃないかしら。

 

新日マットに上がるのは、もはや時間の問題?

新鮮さを求めるのなら、G1終了後から来年の東京ドーム大会まではダレちゃうことの多い新日だけに、秋口には登場するんじゃない。

 

小島選手みたいに、当面はフリーでやって、団体での評価が高ければ所属選手に昇格する・・・

そんな流れかな。

 

先日の船木選手の退団劇でも露呈したとおり、W-1は所属選手の待遇(年棒など)をドンと落としたことは明らか。

インディ団体・・・というか、新日以外のレスラーの年棒は中小企業のサラリーマンを下回る(別冊宝島によるとノアでは主力選手ですら400万円未満なのだとか・・・)ともいわれる昨今、WWE以外でマットに上がるのなら、新日はスッゴイ魅力的なのでしょう。

 

自分で全部やらなければならないアメリカのマットを経験した真田選手だけに、おカネにもシビアなはず。

もっとも、W-1にしてみれば、せっかく育てた選手を新日にさらわれるって感じ・・・かな。