xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ノア 案の定、新日本プロレスの産業廃棄物処理場と化すの巻 ~鈴木軍に蹂躙されたノアを救援するため、新日の第三世代が出撃・・・って(笑)~

コレじゃあ・・・

「天下を取り損なったオトコ」(長州力さん談)たちの展覧会じゃん!

 

そもそも「三沢さんの恩義のために」って・・・

全部ウソだとは言わないけれど、ドーしても

安っぽぉぉぉおおおい!

感じが拭えませんぞ。

 

新日の経営上の大きな課題が、

経営規模に比して所属レスラーが多すぎる

ということは過去からズッと指摘され続けていること。

その対策の一環として、第三世代がノアに出撃するってことね。

 

で、気付いてみると・・・ノアの所属選手が主戦場から見事に除外。

鈴木軍vs.第三世代軍がメインのノアって・・・バッカみたい。

 

仮にGHCを取ったところで、今更、谷口選手の人気が爆発するわけないし。

むしろ、先日読了した「ドキュメント パナソニック人事抗争史」みたいに、ノアの断末魔としか思えませんぞ。

Amazon.co.jp: ドキュメント パナソニック人事抗争史 電子書籍: 岩瀬達哉: Kindleストア

(←超オススメでござるぅぅぅううう!)

 

このままじゃあ、ノアは新日の二軍じゃなくて、産業廃棄物処理場扱い?

余りにも惨め過ぎます。

 

そういうときこそ、現在のノアの顔ともいうべき丸藤さんが・・・と思ったら・・・

別冊宝島によると、ノアの丸藤さんが一番恐れているのはノアの社長にされて経営責任を全部負わされることなんだとか(笑)

それりゃあ、そうでしょうねぇ~、今ではカレー屋さんの経営の方が大切だもん。

 

以外にも、ノアにはジュニア・クラスに結構イイ選手が多いので、彼らをもっともっと有効活用できないかなぁ~と、思ったりもします。

もっとも、そんなことしたら、ノアだかドラゲーだか分かんなくなるだろうけれど。

 

でね。。。

 

アザゼルは三沢何某さんのことは詳しくは存じませんし、知る必要もございませんが、また・・・メモリアル・デー興行をやるんだとか。

おカネのためなら、何でも利用しちゃうってこと?

 

そんなノアに、一句差し上げましょう。

「露とおち 露と消えにし わが身かな 難波のことも 夢のまた夢」

(太閤秀吉)