読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

オーディオ : スピーカー・ケーブルで音は変わるか!? ~・・・深い・・・余りにも深い、ケーブル沼~

プオタで音女のアザゼルです。

といわけで、今回はオーディオの中でもハマると底無しとの噂が絶えない

ケーブル沼

のお話でござるぅ~

 

ちなみに。。。

 

コスメ・ブログでは、すでに「コスメ沼」のお話を書いたので、コレはその焼き直しってことで・・・(笑)

まあ、何事にも「ハマったら最後の”沼”」があるものでございます。

 

さてさて。。。

 

アザゼルは、ズット思っていたんです。

「ケーブルで音が激変するわけないじゃん!」って・・・

 

そんなとき、父から届いたのが、コチラ。

Acoustic Zen

というメーカーの”HOLOGRAM II”というスピーカー・ケーブル。

 

またぁ~、どうせ大して音なんか変わんないのに・・・

って思いながら、ケーブルを変えてみると・・・

 

マジで音が激変しちゃった!

プラシーボ効果とか、そんなレベルじゃなくて、誰でも一聴すれば分かるぐらいに変わったんです。

 

それまで使っていたのがワイヤーワールドのもの。

やはり父からの貰い物。

 

父曰く、お値段的には同じクラスなんだとか・・・

なのに・・・音が全然違うのです。

 

それまで使ってきたワイヤーワールドのケーブルの紡ぎ出す音は、良く言えば「エネルギッシュな音」、悪く言えば「下品な音」。

入れ替えたアコ-ステック・ゼンのケーブルは、良く言えば「上品な音」、悪く言えば「静か過ぎる音」。

 

うぅ~ん、これまでの認識が根底から覆された感じ。

オーディオって、奥が深すぎる!

 

ちなみに。。。

 

入れ替えたワイヤーワールドのケーブルは、ONKYOのアンプとPIEGAのスピーカーを繋ぐために利用中でござる。

この組合せだと、ハッキリ申し上げてクラシックや静かな環境音楽には絶対に合いません。

 

だって、音が下品すぎるんだもん。

・・・しかし・・・下品ということは・・・

 

この組合せで聴いたエアロスミスはサイコー!!

いやもう言葉が出ませんぞ。

 

何と申し上げれば良いのでしょう。

誤解を恐れずにブッチャけると、淫乱な音(笑)

 

淫乱、サイコー!!(←リアルおバカ)

キャー、キャー騒ぎながら聴く音楽って・・・イイと思いません?

 

というわけで・・・

ケーブル一つで音は思いっきり変わることがある!

ということで、今回は終幕ぅ~