読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

モッタイナイ・・・喧嘩も満足にできない、全日本プロレスの惨状 ~何のための「団体」なのか、考えてみたことあるのかしら?~

プロレス!

全日がIGFと絶縁 諏訪魔は藤田との個人闘争へ

(出所:東スポWebより)

 

・・・全日本プロレスって、なんで「個」で闘っているんだろう・・・

・・・「団体」であるにもかかわらず、これは諏訪魔の問題だからと洞ヶ峠を決め込んでいただけじゃないのかしら・・・

 

モッタイナイなぁ~

喧嘩を売りに行ったのなら、観客をもっとヒートアップさせる演出をしなきゃ。

 

それが全日本プロレスの専務取締役でもある諏訪魔選手による「営業」であることぐらい百も承知。

喧嘩の果合状を突き付けに行ったわけじゃないんだから。

 

IGFの会場に出向いた以上、そこは敵地。

大ヒールとしての役割を果たしなさいよ、それがプロってもんでしょう。

 

そんなことだから、藤田選手にもイモ扱いされちゃうんでしょ。

まさに

「コイツ、何しに来たんだ???」

って感じ。

 

諏訪魔選手は、素材としては素晴らしいけれど、残念ながら、プロレス脳は・・・

だからこそ、それをビジネス、興行として成立させるよう、秋山社長以下、団体がしっかりとサポートしなけりゃダメなのに・・・

 

何となくだけど、もう全日本プロレスの行く末は見えてきたんじゃないかしらぁ~

「個」で闘っていくようじゃ、「団体」という組織である意味もないんだし。