読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス ネバー選手権試合 石井選手 vs. 真壁選手 に関する雑感 ~「これがプロレスだ!」だって??? 冗談じゃない、こんなガチャガチャな試合をドー評価しろというのでしょう~

プロレス!

アザゼルは、いうまでもなく新日が大好き!

ついでにいうと真壁選手も大好き!

 

でもね。。。

 

先日のネバー選手権試合・・・決して褒められたものではございませんぞ。

ヒトコトでまとめてしまえば、評価に値しないガチャガチャな試合。

 

まあ、週刊プロレスあたりなら、いつものように

素晴らしい試合!!

ということになるのしょうが、観戦した限り、

何だコレ・・・(呆)

って感じ。

 

真壁選手が好きなのは、入団当初から学生プロレス上がりとして蔑まれ、練習の範疇を超えた虐待を受けながら、雑草扱いでしかなかった脇役から、遂には団体の至宝IWGPを戴冠するまでになったという人生双六みたいな道を歩んできたことと、シャベリの上手さに表れる頭の回転が速いところ。

残念ながら、彼のプロレスそのものじゃない。

 

真壁選手のプロレスそのものは、未だに不器用さが抜けていないし、プロとして最も大切とされる「華」がない。

だから、彼のプロレス自体には、さほど興味は抱けません。

 

でね。。。

 

先日の選手権試合の話に戻るんですが、アザゼルは、あの試合を評価すると仰るプオタがかなりいらっしゃることが理解できないんです。

確かに、フィニッシュとなったキングコング・ニーがまともに石井選手に入ったときは、驚いた(というより、一般人なら入院で済むかしら・・・)けれど、試合そのものは

ちゃんとプロレス習ったの?

って、アタマの中は疑問符だらけでしたぞ。

 

悪いけど、あの程度のプロレスなら、全日本プロレスのリングでいつでも観れます。

バカみたいにラリアートを何度も何度も打ち合って・・・まるで諏訪魔選手vs.潮崎選手の試合みたい・・・

 

間の取り方はメリハリが無く、試合内容そのものは凡庸だし・・・

これをドー評価しろというのでしょう。

 

こんなのだから、今の新日の御三家(棚橋選手・中邑選手・オカダ選手)が安穏としていられるんじゃない。

もっともっと御三家を追い上げなきゃ!