読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ボクシングの神、マニー・パッキャオ選手が、実は元レスラー・現国会議員の馳浩さんだった件 ~言われてみれば・・・確かに・・・似てる!~

 

えっと。。。

 

ハフィントン・ポスト日本版を読んでいて、思わず笑っちゃったぞ!

この二人、確かに似ていらっしゃいますよねぇ~

 

で、特に笑ったのがこのコメント

『なんで馳浩がボクシングしてんねん!?』

 

馳浩さんといえば、元文部科学省副大臣も歴任された文教族の大物議員。

一方のマニー・パッキャオ選手も、母国フィリピンの下院議員。

 

うぅ~ん、確かに・・・似ています、経歴も。

世界的な知名度では、パッキャオ選手・・・というか、そもそも勝負にはなりませんが。

 

馳議員におかれては、日頃からウェイトを絞り、髪と髭を伸ばしておき、米国の議員たちとお会いにあったとき、

『こんにちは。

 マニー・パッキャオです。』

とか、渾身の一発ギャグをかまして欲しい。

これでもう「掴みはOK!」でしょう(笑)

 

実は。。。

 

個人的に馳浩選手の現役時代を存じ上げません。

記録映像でチット観たことがあるぐらいなので、レスラーとしての馳浩さんのことはホトンド知らないんです。

 

それでも知っているのは、元新日本プロレスの有力レスラーだったこと。

それに、参議院議員選挙に立候補するという非常に大切な地元での壮行試合において、馳選手が長州選手からピンフォールをとられてしまい、会場がお通夜みたいになった事件があったことをプロレス暴露本で読んだことがあったから。