読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

彼がデートにレンタカーで迎えに来たら・・・ ~要するに、オトコに何を求めるのかってこと~

 

男子に何を求めるのか?

それについては、いろんな考え方があるだろうし、一概にどれが正しいなんて言えないと思うんです。

 

大阪や沖縄の子は、単に

正直だった(本音で喋った)だけ

なのかもしれませんものね。

 

じゃあ。。。

 

地方出身で現在は東京に生息中(笑)のアザゼルは・・・というと・・・

そんなのドッチでもイイじゃん!

って感じかな。

レンタカーどころか、電車だろうと路線バスだろうと何でも構わないし。

 

何て言えばイイのかしら・・・

白馬に乗った王子様なんか、興味ないし

というのが近いかな。

誤解を恐れずにぶっちゃければ、

オトコに対して何がしかの期待なんてしてません

から。

 

こういうと夢が無いとか、オトコを舐めているとか言われそうだけど、

イマドキ、オンナに夢を与えられるオトコがどれだけいるというの?

 

イイんですよ、おカネが無いのなら無いで。

別にそんなこと、期待してないから。

 

だけど、40歳以上の男子に対して女子が求めるものの大半が「経済力」っていう事実は忘れちゃいけないぞ。

「愛」はおカネでは買えないけれど、おカネがなければ維持できない、という現実があるんだから。

 

まあ・・・アザゼルみたいに「愛」だの何だのに醒めている子はカワイクナイ!と思われるかも・・・

でも、大丈夫でござる!

女子はね、男子の前で

他人の顔を演じることには長けている

んですから(笑)

 

ウソだと思ったら、ご自身の恋人とか奥様とか愛人(汗)の行動をコッソリ覗いてみてごらん。

信じていたものが、脆くも瓦解するかもしれませんぞ・・・