読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ノアにみる、全ベルト流出という演出の功罪 ~一時的にせよ、ノアが新日流の演出効果で浮上したという事実を認めなければならない~

えっと。。。

 

事実上、新日本プロレスの傘下団体となったノア。

何をやっても集客に結びつかず沈没寸前にまで追いやられていたノアが、見栄も外聞もなく新日に泣きついて助けを求めたことから、

新日による企業再生

が開始します。

 

まずは、新日内で持て余していた「鈴木軍」をノアに派兵。

新日の現場監督である外道さんの頭脳、「24時間、プロレスのことを考えている」と豪語する鈴木選手の手腕が見事にマッチして、一部のプオタから「沈没船」だとか「泥船」だとか、そんな風に笑われてたノアが奇跡的ともいえる浮上劇をみせてくれました。

 

超なんたら軍と名乗る、信じられないぐらい中途半端(というより、いい加減)なヒール軍団しか存在しなかったノア

そこにヒールをやらせれば光る役者の揃った鈴木軍が乗り込んできたのですから、誰でも多少は盛り上がるだろうなぁ~と思ったはず。

 

それでも、流石にココまで盛り上がるとは読めませんでしたぞ。

スポーツ新聞の一面に掲載されるのって何年振りなんだろう、ノアって。

 

『プロレス興行において、如何にヒールという役割が重要なのか』

『プロレス興行において、如何に話題を先行させることが大切なのか』

 

そんなことを今一度思い起こさせてくれる浮上劇。

ベビーフェイスは誰でもできるが、ヒールには優れたプロレス脳が必要とはよく言ったもの。

 

新日では、先日のNJCにおける飯伏選手優勝という露骨な演出には萎えたけれど・・・

プロレスが、スポーツでもなく、格闘技でもなく、エンターテイメントであると考えれば、ある意味で十分許容範囲内であると感がる他はないのかもしれませんね。

 

もっとも。。。

 

今回の(一時的)浮上劇によって、ノアが興行上の演出を全面的に新日サイドに委ねるであろうことは容易に想定できます。

これにて資本的にも興行的にも、ノアは新日の一傘下団体となったとみなすのが妥当ではないかと思われます。