読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス ニュージャパンカップ(NJC)の行方は・・・ ~敢えて本命を消して行く、逆読みのパターン~

今回のNJC。

明らかに本命不在の方向へと進める意図がアリアリでござるね。

 

真壁刀義
 vs
高橋裕二郎

 

これは真壁選手が勝ち抜けることは誰にでも分かる組合せ。

で、結果も真壁選手の勝利。

 

飯伏幸太
 vs
矢野通

 

こちらも飯伏選手の勝ち抜けじゃないと、準決勝の注目度が落ちてしまう。

というわけで飯伏選手の勝利。

 

と・・・まあ、ココまでは誰でも予想できるんだけど・・・

ココからが邪道・外道の両ブッカーとの知恵比べでござるよね。

 

内藤哲也
 vs
バッドラック・ファレ

 

個人的にはファレ選手だろうと思っていたんですが・・・

結果は、内藤選手!

 

う~ん、ココでファレ選手を消しちゃうんだぁ~

コレは内藤選手の立場を見くびったってことなんでしょう・・・

 

後藤洋央紀
 vs
柴田勝頼

 

コレは後藤選手で決まり。

理由は前に書いたとおりなんだけど、柴田選手にはIWGPインターコンチへの挑戦といったご褒美もあったわけで、ココで後藤選手に取らせないと不公平ですものね。

 

いわば組織内政治の結果・・・って感じ。

こういったことは自己顕示欲の塊のようなレスラーを相手にする場合、非常に重要な感覚だと思いますぞ。

 

でね。。。

 

大阪城ホール大会での興行大成功が絶対条件となっている上半期。

新日が東京ドーム大会級の出し惜しみ無しの目玉カードを連発してくることを考えれば、

棚橋選手、オカダ選手をともに

初戦で消したのは、むしろ当然の選択。

 

大阪城ホールのメインは

王者 AJスタイルズ選手 vs. 挑戦者 棚橋選手

の大看板どおしの対戦をぶつけてくるはず。

NJCで棚橋選手を優勝させる=4月の両国大会でIWGP選手権に、このカードをぶつけてくることは絶対にあり得ませんもの。

 

オカダ選手が初戦で姿を消すのは読み切れませんでしたが、新日本プロレス・ファン最大サイト「nWoな人々」の運営者であるエヌヒト様は、NJCの事前予想で

今回のNJCにおいて

オカダ選手がファレ選手に勝つことは、

興行上の理由から100%無い!

と完璧に見抜いておられました。

流石ですぅ~

 

ただ。。。

 

真壁選手がNJCで優勝して、敢えて石井選手の持つネバー王座に挑戦するというシナリオも捨て難い気がするんです・・・

でも、両国大会のメインは、やっぱりIWGPヘビー級選手権試合で締めて欲しい、というか、そうあるべきじゃないか、そんな風に思います。

 

準決勝の目玉は・・・

何といっても内藤選手vs.飯伏選手の闘いでしょう。

 

新旧ハイフライヤー対決、もしくは、新旧プロレスの天才対決・・・

って感じで対戦そのものに意味がありますもの。

 

ココで飯伏選手にイカれてしまうと、内藤選手は会社からベビーフェイスとしてプッシュされる存在ではなくなってしまうので、もうヒール・ターンぐらいしか道はなくなるんじゃないかなぁ~

 

さてさて。。。

 

最後は後藤選手が持っていくとは思うのですが・・・

どうなる!NJCの行方!