xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

江戸時代 日本女性の平均身長は・・・おおよそ143センチ! ~アザゼルも江戸時代なら平均ぐらい・・・・・・・・(´・ω・`)~

今では遥か昔。

江戸時代のこと。

 

当時、朝鮮では日本のことを「小さな人の国」と読んでいたそうな。

理由は、日本人がリアルに小さかったから。

 

平均身長差は10センチ以上あったんだって。

なんでも、江戸時代の歴代将軍で一番大きかったのが二代将軍秀忠公で160センチ。

 

物語では180センチ以上あった・・・

という設定になっている八代様こと暴れん坊将軍(笑)・・・じゃなかった吉宗公も、ホントは160センチなかったんだとか。

 

成年まで存命した歴代将軍の中で、ダントツで小さかったといわれているのが五代様こと犬公方。

身長・・・わずか126センチ!

 

えっ!?

・・・明らかに発育不全・・・というか低身長症(いわゆる小人症)のおそれあり。

 

ちなみに初代将軍家康公は157センチ。

織田信長公は、当時としてはかなり大柄で165センチ以上あったんだとか。

 

宣教師フロイスの伝によれば、信長公はリアル美男だったらしい。

高身長、高家柄、高収入、さらにイケメンという、外見上は欠点の無い(内面は神経質で陰険な)男子ってことになるんでしょう・・・多分。

 

で、はげねずみ・・・こと、日本史上最強の成り上がり者、豊臣秀吉公は・・・

たったの140センチ

しかなかったんだって。

今では、放送上の自主規制により、テレビ出演もできないオチビさん。