読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

OPPO HA-2 ポータブル・ヘッドフォンアンプを予約してみたよ! ~大切なことは、如何にも・・・じゃない外観のスマートさと軽さ~


「アンプに見えないアンプ」と「平面振動板」でポータブル参入。異色のメーカーOPPOとは? - AV Watch

 

えっと。。。

 

父の影響から、いわゆる音女となったアザゼルです。

その父も、すでに亡くなった祖父からの影響でオーディオの深い深い森の住人となってしまったらしいのですが・・・

 

さてさて。。。

 

今回取り上げたのは、知る人ぞ知る(=日本ではほとんどの人が知らない(笑))OPPOという米国のAVメーカーが新たに世に出す

HA-2

という携帯用のヘッドフォンアンプでござる。

 

記事を読んで気に入ったので、早速、ネットでポチリ。

予約してみたという次第。

 

記事を読んだだけで納得させられるというのが、OPPOの強みかな。

実際にOPPOの製品を使ってみると・・・とにかく便利!

 

例えば、OPPOのBDP-105DJPを購入して実際に使ってみてビックリ。

だって、とにかく何でもできるし、操作もメッチャ簡単なんだもん。

 

取説を読むのが大嫌い。

しかもメカにはトコトン駄目な子のアザゼルでも、直感だけでスイスイ操作ができちゃうのが気に入ったの。

 

し・か・も、音も画像も十分に満足できるレベルを達成しているから、基本的に不満は無い。

・・・とはいえ、安っぽい外観は・・・ドーかと思うけど。

 

でね。。。

 

このヘッドフォンアンプの何が気に入ったのか・・・

といえば、ズバリ、この形状(外観=薄さ)と軽さ。

 

音女・・・だなんて、オーディオ業界ではいわれているけれど、所詮は主流から外れた枝の枝。

オーディオは、今も昔も

ヤクザ映画並みのオトコの世界

 

ポータブル系では女子も一定の地位は確保している・・・

とはいえ、実際におカネを落としているのは

圧倒的にオトコたち

なんだから仕方ないんだけれど。

 

だから、携帯用のヘッドフォンアンプも、

如何にもオーディオ製品っぽい

ゴツくてイカツイものばっかり

 

300グラムだって嫌なのに、400グラムオーバーのものなんか、貰ったって使わない!

しかも、あの・・・メカ好き男子がニンマリしちゃうようなメカニカル・・・というよりダッサイ外観が嫌い。

 

そんな風に思っていたときに出てきたのが、今回取り上げたOPPOのHA-2。

このスマートな外観が好き。

 

ただ・・・色がブラックのみというのが・・・ねぇ~

まあ・・・仕方ないかしら・・・

 

音質のことは何も分からないから、手元に届いたら感想を書いてみますね。

う~ん・・・なのか、おぉ~!なのか。

 

日本のメーカーでもこの手のアンプは作っているんだけれど、OYAIDEの製品(型番忘れちゃった・・・)を購入したときは・・・その音質の悪さに心底ガッカリ。

こんな音しか出せないのなら、オーディオ製品なんか作らなきゃイイのに・・・

電源ケーブルなんかは信頼しているし、実際に使用しているんですけどねぇ~)

 

さぁ~て、ドーなりますことやら・・・

結果は後日。