読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス 2.11大阪大会、メインイベントでのIWGPヘビー級王座の行方は!? ~残念ながら・・・誠に残念ながら・・・アザゼルの予想が・・・(´・ω・`)~

ほら

ほら・・・

ほらぁ~

アザゼルの予想、当たったじゃないですかぁ~

( ↑ チット当たったからって、イキナリ偉そうに振る舞うおバカ)

 

でも、流石に棚橋選手に起きた想定外の事態で大流血となったのは・・・

スッゴク心配でござる。

貧血の恐ろしさをご存じない方なら軽く流しちゃうところかもしれませんが、医療関係者なら、あの大流血のままプロレスのリングで闘い続けられるというのは信じられないでしょう。

 

例えば、頭部を5針程度縫う程度の裂傷による失血で、一般人ならフラフラしてまともに歩くことも困難になっちゃいますぞ。

これだけ出血したままで闘い続けることなんか一般人にできっこない、だからこそレスラーはスゴイ!って思えてきちゃうんです。

 

さてさて。。。

 

今回はバレット・クラブの全勝という、新日の金城湯池と称される大阪において、連続してバッドエンドを観客に見せつけ、大方の予想を思いっきり裏切る絵図を書いたブッカーさんって、素晴らしいシナリオ・ライターだと思います。

これで、今後の展開もおもしろいものになりそう。