読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

生ける伝説 天龍選手がオカダ選手との闘いを切望!? ~オカダ選手、天龍なんかぶっ潰しちゃえ!~

nWoな人々 : 天龍引退興行、新日本プロレスも全面協力へ!天龍が戦いたいのはこの人?The chairman of NJPW Sugabayashi promised to support Tenryu retirement show

 

最初にお詫び。

オール・アバウトに「プロレス」カテゴリーがあるなんて知りませんでした。

 

で、次のお詫び。

天龍って・・・誰?(笑)

 

暴露本や週刊プロレスなんかでは、よく見かけるんだけど、現役時代を知らないし。

・・・っていうか、まだ現役だったんだ65歳で。

 

何だかよく分かんないけど、一般人なら、もうとっくに定年して年金もらって孫の顔をみて喜んでいるぐらいのお歳のおじいちゃまが、現役レスラーです!って仰られましても・・・

老体晒して現役を続けるレスラーって・・・惨めだなぁって思えてくるんです。

 

アスリートや力士の世界ではあり得ない年齢まで現役でレスラーができる。

これは、そのまま

プロレスでは、真剣勝負などのような野暮なことはいたしません。

あらかじめ勝敗の行方を含めた台本をご用意申し上げておりますので、レスラーとしては何十年も前に賞味期限切れしたご老人でも安心です。

って宣言しているみたいなもの。

 

それなに何が

説明不要の「風雲昇り龍」

だなんて言うんだろう、アナウンサーさん。

正確には

説明不要の「暗雲死に体」

ぐらいがお似合いでしょうに。

 

オカダ選手と闘いたいのなら、どうぞ闘えばイイじゃない。

台本の用意が無ければ、主力選手となんかとマトモに勝負なんかできっこないのに。

 

先日の全日本プロレス 後楽園ホール大会での6人タッグ戦。

超ヒドかったなぁ~

 

だって天龍選手、動けないんだもの(呆)

何とか動けるぐらいのコンディションでリングに上がるっていうのが、

プロレスを舐めている

としか思えません。

 

あの諏訪魔選手ですらリング上で”お付き合い”プロレスをしちゃっているんだけれど、そういう見え透いたシナリオ、マジでつまんないから止めて欲しいです。

 

例えばね。。。

 

試合開始直後、諏訪間選手がいきなりダブル・チョップを天龍選手の胸板に叩きこんじゃったものだから・・・

天龍選手、胸を押さえて動けなくなっちゃった。

 

でね・・・諏訪間選手、

やりすぎちゃった・・・

コレ、ヤバイかも~

って思ったんでしょうね。

満員の後楽園ホールのリング上で、天龍選手が動けるようになるまで、

じっと動かず

ただ大人しく待っていた

んですよ!

 

あり得ないでしょう、こんな茶番劇!!

プロレスを貶めている元凶の一つが、「昔の名前」だけにすがって、醜く老いさらばえた肉体を臆面も無く晒しながら老後資金稼ぎに明け暮れる

とっくに棺桶に片足を突っ込んでいるような

レジェンドと呼ばれるレスラー

たちの存在。

 

昔は・・・

きっとスゴイ選手だったとは思うんですが、ほとんど動けない現状を見ちゃうと・・・

老後資金を稼ぎに顔出しただけと思われても仕方がないですよね。

 

それでもなお、プオタさんたちはお優しいから一生懸命に天龍選手を応援されているんですよ。

あるいは・・・恥とか外聞とか、そんなことを気にしていたんじゃプロレスでは飯は食えないぞってことを、レジェンドは自らの背中で語ってくれているのかもしれません。

(「んなわけ、あるわけないじゃん!!」という意味の反語表現)

 

だからこそ。。。

 

オカダ選手には、是非とも天龍選手がリング上に何の未練も無くなるように、リスペクトの欠片も見せず、思いっきりイタブッテ、ボロボロにしちゃった挙句、踏みつけてスリーカウントを奪ってほしいな。

ご高齢者を苛めるのは心苦しいのですが・・・死に水を取ってあげるのも、次世代の者の役目ですものね。

 

そういうヒールのオカダ選手が観てみたい。

いつまでも好青年の顔が見え隠れするオカダ選手じゃ、中途半端なままだから・・・