xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

マイクロソフト Windows10でもオーディオ環境を改善する気はない!? ~PCオーディオなんてマイクロソフトの眼中には無いのかもしれない~


【藤本健のDigital Audio Laboratory】第622回:WASAPI対応ソフトを! Windows 10のオーディオ進化を望む - AV Watch

 

でしょうねぇ~と逆の意味で納得してしまう記事。

マイクロソフトにとってデジタル・オーディオで覇権を握る・・・なんていう気はないのでしょう。

 

っていうか、デジタル・オーディオで覇権を握ろうにも、アップルが誇るiTunesに対抗できるだけのソフトウェア群と膨大なコンテンツを揃えなきゃいけないし・・・

膨大な時間と費用ばかりがかかってしまい、短期的どころか中期的にも多大な利益をもたらすことができるだけの見通しが立つとも思えませんものね。

 

そもそも、デジタル・オーディオをやりたいというのに、

何でWindowsを使ってんの?

と言われるのがオチかもしれません。

マック使えば解決すんじゃん!

って言われれば返す言葉もありません。

 

あるいは、Windows環境でPCオーディオをやりたいなら、

自分で必要なドライバを

インストールすればイイじゃん!

となるだけ。

今更、マイクロソフトのメディア・プレーヤで音楽を聴きたいなんて思うわけもなく・・・

 

そもそも。。。

 

Windows10のリリースの主目的って、大失敗作と評されるWindows8の失地回復のはず。

オーディオ環境云々なんて、ドーでもイイレベルの些末な問題でしかないのでしょう。

 

でもね。。。

 

新CEOの就任でマイクロソフトも大きく変わってきたとも聞き及びます。

もしかすると、将来的には激変するかもしれませんね、PCオーディオ環境も。

 

ただし、それがマイクロソフトに新たな収益をもたらせるのか?と問われても・・・

難しいでしょうね・・・