読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

別冊宝島「プロレス 変な噂 悪い噂」を読む(その1) ~季節は冬、冬よねぇ~、メッチャ冬! こういうときは、コタツでミカンと・・・”暴露本"~

プロレス!

冬です!

家の外は、寒い、寒すぎる、寒くて動けません・・・

 

そんなとき・・・

プオタなら・・・

 

コタツでミカンを食べながら、別冊宝島のプロレス暴露本を読む。


Amazon.co.jp: プロレス 変な噂 悪い噂 (別冊宝島 2291): 本

(このリンクは直リン。アフィリエイトなんかじゃないから、安心してくだされぇ~)

 

もはや、日本プロレス界の風物詩でござるよね。

 

し・か・も。。。

 

今回の別冊宝島『プロレス 変な噂 悪い噂』は、久々のスマッシュ・ヒット!

やっぱり、プロレス団体のスキャンダルがなきゃねぇ~

 

申し合わせたように、旧全日本プロレス系の団体、現全日・W-1・ノアの3団体が揃いも揃って経営危機なんですって。

選手の能力が劣っているとは思わないけれど、経営能力という点で誰も馬場さんの遺伝子を受け継いでいなかったというのがイタイ・・・

 

というわけで、今回も複数回に分けて書いていこうかなぁ~と思っております。

まあ、気長にお付き合いのほどをお願いいたしまするぅ~

 

ところで。。。

 

ターザン山本さんが、ご自身のブログでこの暴露本を何度もプッシュしていたから、

ドーせ、ステマでしょう

と思っていたら・・・ご自身が暴露本に出ていらっしゃるではございませんか!

分かりやすいにも、ホドというものがござろうに。

 

しかもね、暴露本の誌上で仰っていることが

戯言の連続!

会社規定に違反して、プロレス関係者から裏でおカネ(袖の下)をもらって雑誌(週刊プロレス)に偏向記事をバンバン掲載していた"サイテーの編集長”が、自分のことを棚に上げまくって、吼えて、吼えて、吼えまくる。

よくもまあ、臆面も無く、これだけテキトーなことをヌケヌケといえるなぁ~

 

今週号の週刊プロレスでも、芸人のハチミツ二郎さんから、ターザン山本さんが故・ジャイアント馬場さんのことをテキトーに書いていることを暴露されていたし。

どこまでイイカゲンなのでしょう・・・

 

どんな内容なのか、気になる?

気になっちゃたでしょ・・・

 

ゴメンナサイ。

実は、内容はクダラナイ。

 

というよりね、別冊宝島の編集部からおカネをもらうために、編集部が喜ぶ(=新日本プロレスのバッシング)ネタをテキトーに喋ったというのが真相でしょう。

未だに「伝説の元週刊プロレス編集長」の肩書きで糊口を凌ぐしかない、哀れな男。

 

この話題は、これにて終幕。

おやすみなさい。