読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

プロレスリング・ノア、ついに新日本プロレスの傘下団体に転落!・・・かも ~資本業務提携のその先に、ノアの光明は見いだせるか?~ 

nWoな人々 : なんとノアと新日本プロレスが財政的業務提携を締結!?NJPW and NOAH reached a financial agreement

 

ヤバイ・・・

最近、プオタ・・・というよりnオタ(「nWoな人々」ウォッチャー)化しているような気がします・・・自分で

 

さてさて。。。

 

詳細は、リンク先の「nWoな人々」をご覧くださいませ。

こんな場末のブログでは決して得られない、質の高い情報が山盛りですぞ!

 

ただ・・・個人的な意見を申し上げれば、これがホントのことなら、ノアは団体としての独立性を放棄したってことですよね。

つまり、ノアは新日本プロレスの傘下に入り、事実上、新日本プロレスの下部組織、すなわち、二軍としての役割を果たすであろうと思われます。

 

もっとも、アザゼル個人としては、新日本プロレスが試合重視で世界進出を目論む以上、下部組織という名の二軍(新人発掘・育成、ケガをした一軍選手のリハビリ、等)が必要不可欠だと考えていましたので、今回の報道には何の違和感も感じませんでした。

 

ただし、このことはW-1や全日本プロレスにとっては、決して座視できぬ事態が起きている・・・ということになります。

何故なら、業界ではダントツの集客力と資金力を誇る新日本プロレスとの絡みがほとんど期待できなくなる、ということを意味しているからです。

 

もはや、武藤vs.真田という、新旧エース対決を目玉にした興行ですら、後楽園ホール札止めにできないW-1。

旧体制下の全日本プロレスの残債務を勝算なく引き受け、経営的にはすでに青色吐息とも噂される秋山体制下の全日本プロレス

 

W-1の危機的状況は、端的に言ってしまえば、

武藤選手以外、客を呼べない

ことにつきますよね。

全日本プロレスの危機的状況は、端的に言ってしまえば、

秋山社長兼選手の経営上の勘違い

ってことにつきますよね。

 

さてさて。。。

 

現状は噂話の範疇を出ていないモノばかり。

どうなることやら・・・(ワクワク)