読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

完璧なものは美しいのか? ~直感でしかモノをいえない、愚かなボクではあるが~

 

自然の基本法則を数式に表現するとき、研究者は数学的美しさを追い求めるべきである。

美しさと単純さは同じではない。

あくまで美しさを追及するべきである。

ポール・ディラック) 

 

 

天才ディラックの言葉を、浅学のボク如きが云々することなどできるはずがない。

 

ただ。。。

 

所詮は直感でしかないのですが・・・

もし宇宙が完璧な姿としており、自然法則に絶対的な安定性を与えるほどの均衡を保っているのなら、その姿はとても美しいとは思えないんです。

 

完璧である、だからこそ、醜い。

むしろ、完璧なものは、自己崩壊するのではないか・・・

 

何故、そんなことを思うのか、自分でも分からないのですけど(笑)