読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

昭和プロレス・マニア丸出しで、ほとんど何を言ってるのか分からないマンガ(第4回らしい)


俺のプロレスネタ、誰も食いつかないんだが。 | くらげバンチ

 

4回目・・・らしいのですが、内容が・・・

もうね、昭和プロレスのマニア過ぎて・・・

 

ほとんど分かりません!

 

でも。。。

 

スタンハンセンさんは知っていますけど。

引退後、手術、手術の連続でレスラー時代の稼ぎを全部使い果たして、現在は主夫となっており、家計は日本出身の奥様が看護婦として支えていることとか。

 

田園コロシアムでのアンドレvsハンセンの一戦も知っています。

映像は観たことがないけれど、試合内容は、レフリーのミスター高橋さんを含めた3人で、綿密に打ち合わせたシナリオどおりだったこととか。

 

まあ・・・

 

昭和プロレスと(2007年以降の)平成プロレスとの間には、越えられない壁があるんだなぁ~って感じましたぞ。

ちなみに、昭和プロレスには、なぁ~んにも興味はござらん。

 

アントニオ猪木さんといえば、無駄に元気なおじいちゃま。

長州力さんといえば、WJの大失敗が原因で経済的苦境に陥っていたとか、その関連で佐々木健介さんと絶縁したとか、DVで奥様と別居状態にあるとか、未だに老体に鞭打って現役にしがみついているとか・・・って感じかしら。

 

プロレスに関係ないって?

だって、知らないもん、そんなレスラー。