読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス大阪大会 観戦記 ~IWGPインターコンチネンタル選手権試合 王者・中邑vs.挑戦者・柴田~

この試合、意外なほどに評価が低い。

どうしてなんだろう・・・

 

個人的には、同じタイトルマッチでも、ネヴァーよりこちらを断然押し!なのです。

そして、試合には負けたけれど、柴田選手が輝いた試合だとも感じましたぞ。

 

リング上のパフォーマー中邑真輔がより一層輝くためには、柴田選手のようなパフォーマンスを拒否する選手が必要なんだなぁ~とつくづく感じた次第。

そして、柴田選手を見直す契機になった試合でもありました。

 

ボクは、柴田選手が太陽(棚橋選手・中邑選手ら)の輝きを反射するだけの月のような存在に過ぎないと考えていたのです。

しかし、この試合では柴田選手が自ら核融合を行い、燦然と輝きを放ってきたのにはビックリ。

 

少なくともプロレスにおいて、勝利した、敗北した、それ自体が重要だとは思いません。

プロレスは格闘技ではないのですから。

 

勝利や敗北の先にあるものを見せてくれる。

それこそが格闘技にはあり得ない、プロレスの魅力。

 

この試合を見る限り、柴田選手は中堅どころで終わるような選手では決してない。

次にどんなチャンスが巡ってくるのか分からないけれど、彼は飛躍の機会を虎視眈々と狙っていることでしょう。

 

新日本プロレスに脈々と受け継がれてる、パフォーマンスを拒否したスタイルの面白さを教えてくれた一戦。

これがこの戦いに対する、ボクなりの評価。