読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス大阪大会 観戦記 ~ネヴァー・タイトル・マッチ 王者・石井vs.挑戦者・後藤~

この試合、試合前から予想されていたであろうとおりの展開。

ゴツゴツとした闘いの連続。

(石井選手が未だ(亜脱臼の状態から)本調子を取り戻せていないことは、誰の眼にも明らかでしたけれど・・・)

 

で。。。

 

この試合、キット、評価が高いだろうなぁ~

と思っていたら、カクトウログ様の投票ではダントツの支持票を集めたのだとか。

 

でもね、ボク個人としては、ドーしても消化不良の感が拭えなかったのです。

何故そう感じたのか、上手く言語化はできないのですが・・・

 

予想どおりの展開。

予想どおりの結果。

 

確かにプロのお仕事ではあるのだけれど、ココロを満たしてくれる闘いとはならなかった。

己の肉体と精神を削り取りながら、相手のそれを抉るような闘いの先に、何があったのだろうかと考えると、ココロの中にただ空虚さが漂うのです。

 

ワガママではあるのだけれど、石井選手と後藤選手の闘いに興味を失ったという方がより適切な表現なのかもしれません。

ハズレのない試合ではあっても、驚きも感動も無かった試合・・・これが結論。