xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

W-1と全日本プロレス、どちらが先に逝っちゃうのかな? ~こんな集客力で団体経営を続けられると考える方がどうかしているのでは~

まあ・・・

プオタなら、この両団体の集客力が洒落にならないぐらいに危機的水準にまで落ち込んでいることは周知のとおり。

でもね・・・

個々の選手を観ていると、結構な実力者が多く、試合内容も(個人的な嗜好を捨象してみると)どインディ団体とは明らかに一線を画したレベルにあるんですよね。

 

この両団体の行く末に

明るい未来が見えません!

KENSO選手風)

というのは事実だし、ドーなろうと知ったことではない。

ただ、行き先を失った選手たちが大量に発生する・・・という事態には、気分が落ち込みますぞ・・・

 

生き残るため、新日本プロレスと何とか絡みたいところでしょう。

一方、新日本プロレスにとって、現状の全日やW-1と絡むことを判断させるだけの材料(経営上のメリット(要するにおカネになる))が見出せないだけに期待は限りなく薄い。

 

製造業でもイイものを作れば売れるというわけではない。

果たしてプロレス業界に春はやって来るのかしら?