読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス 柴田選手の巡業フル参戦がもたらす化学反応 ~実態がよく分からなかった「本隊」という派閥が動き出す~


新日本プロレスリング:【次期S主要カード決定!】 “全戦参加”の 柴田勝頼が棚橋、真壁らと各地でタッグ結成! 『SUPER Jr. Tag』にROHの“ReDRAGON”参戦!!

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・・

 

柴田選手が巡業にフル参戦することに伴い、組織内での派閥単位の抗争の位置付けをチット再編しましたってことかしら。

柴田選手も、いつまでも「孤高の狼」を演じているわけにもいかないですものね。

 

柴田選手のレスラーとしての希少価値が減少するとは思うけれど、先般の対石井戦で魅せたような

男気全開の“超”我慢大会

みたいな試合がいつでも観れるというのは、昭和プロレスの生き残りって感じの柴田信者のファンには嬉しいことなんじゃないかなぁ~(棒読み)

で、今後はそこにヨシ・タツ選手が合流するっていう筋書きなのでしょう。

 

ちなみに。。。

 

WWE時代のヨシ・タツ選手の試合は何度か観たことがあるけれど・・・

試合そのものに魅力があるというか、華があるというか、そんな感じは受けませんでした。

それをカバーするためにも、棚橋選手、柴田選手という(良くも悪くもエッジの立った)キャラクターが必要なんじゃないかなって思うんです。

 

それに。。。

 

今度の大阪大会で、復帰後、イキナリ外国人トップ選手であるAJスタイルズ選手との対戦が用意されているというのも、新日本プロレスという団体がヨシ・タツ選手にかける期待の表れ。

AJスタイルズ選手が連敗しちゃうと、選手としての価値を大きく損なうわけだから、流石にそんな絵図は描かない(というか、AJ自身が飲まない)とは思うけど、ボディメーカー・コロシアムがどよめくようなスゴイ試合をやってのけて欲しいな。

(天才の名を欲しいままにするAJスタイルズ選手なら、ヨシ・タツ選手の良さを引き出してくれるものと強く期待しているんです。)

 

あと。。。

 

柴田選手と棚橋選手の合流は、本音を言えば、

スッゴク面白くない!

だけど、思わぬ化学反応を誘発する可能性が無いとも言えない。

 

プロレスのようなキャラクター・ビジネスの場合、いくら筋書きがあろうとも、リアル・タイムで大観衆の前でパフォーマンスを行う以上、想定どおりにコトが進むわけがありませんもの。

こんなのダメに決まってんじゃん!なんて思い込んでいたことなのに、イザやってみると・・・

マジで超イイじゃん!

ってぐらいにコペルニクス的転換を顕現化してくれるかもしれません。

(・・・確率はスッゴク低いけど・・・)

 

余談だけど。。。

 

日本での業界シェア(売上高)の70%以上を占有するという新日本プロレス

新日本プロレス以外の団体では、DDTドラゴンゲートも未だにチケット販売の主力は選手らの手売りに依存していることからも分かるように、チョット比較にならない格差が付いているといっても過言ではございますまい。

 

しかも、業界の盟主たる地位を確固たるものにしているはずの団体は、停滞どころか一向に動きを止めようとすらしない。

ボォーとしていたら、プオタですら置いてきぼりにされるぐらいに動きが早い。

 

これじゃあ、他団体が新日をキャッチアップするのは容易なことではないでしょう。

もっとハッキリ言えば、これだけ差ができちゃうと比較対象として考える方がどうかしている。

 

団体経営の面からみても、WWEに移籍するという選択肢は無いとはいえないものの、スター選手が日本の他団体に流出する可能性は想定できない(想定する必要性すら無い)というのは楽ですよね。

WWEを除く他団体の場合、いつ組織が無くなっても(破たんしても)不思議じゃないぐらいに存立基盤がぜい弱なんだもん。

 

とは言うものの。。。

 

日本には100ぐらいのプロレス団体があるわけで、自分好みのレスラーを追いかけてみるのもプオタの楽しみ。

リングすら無い場所で20~30人の観客の前で行われるプロレスに熱をあげるのも面白いかもしれません。