xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

新日本プロレス : 両国大会のメインイベントの結果がミエミエすぎるんだけど(−_−;)

nWoな人々 : 新日本プロレスがジェフ・ジェレットのGFWと提携した理由 The reason why NJPW allies with GFW

米国のプロレス業界紙レスリングオブザーバーが伝えるところによると、GFW代表のジェフ・ジェレットは現在米国のケーブルテレビ会社と交渉し、新日本プロレスの来年の1.4東京ドーム大会を全米でTVのPPVにて生中継する交渉を行っていると報じた。まさに全米進出!そのためにGFWと提携したという事のようだ。

 

なるほどぉ〜

コレが本当なら、来年の1.4東京ドーム大会のメインは、米国のプオタの琴線に引っ掛かるカードにすることが絶対条件。

 

つ・ま・り。。。

 

1.4ドーム大会のメインに立つIWGPチャンプは、米国のプオタが積極的に感情移入できるレスラーでなければならない。

これはいうまでもなく、自身が米国人であり、TNAのエースでもあったAJスタイルズ選手以外の選択肢はあり得ない………(−_−;)

 

言い換えれば、両国大会のメインで棚橋選手が戴冠するというシナリオはあり得ないことになりますよね。

もっと言えば、1.4ドーム大会のメインでAJ選手に挑戦する選手は、米国のプオタにも知られている新日所属のヘビー級の日本人選手。

 

となれば・・・棚橋・中邑・オカダの各選手のいずれか。

今回の挑戦で棚橋選手という選択肢が消え(っていうか、G1さいたまドーム大会での星の貸し借りの清算)、中邑選手がインターコンチを奪回した今・・・残りは1人だけ

 

まあ、予定調和の世界ってわけですよねぇ〜

両国大会で内藤選手がオカダ選手に勝つ条件は、オカダ選手が試合中にアクシデント(骨折など)に見舞われない限り、あり得ないって感じかな。