読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

時給1,500円なら夢がある? ~直前のエントリーより、コチラの「理想」と「現実」の乖離の方が圧倒的に切実・・・かな~


いや、イイんですけど・・・

時給1,000円でも1,500円でも。

 

その記事のチッと上にあるのが、コチラ。


うぅ~ん

難しいですね、解決策が見えませんから。

 

 

ただ。。。

 

「税金を使って貧困なくせ」

とか主張するのは自由だけど、だからって増税はご勘弁いただきたく。

「寛容であること」は、絵空事でしかない? ~「差別はいけないことぐらい分かっている」と口では言っても現実は・・・~




出典は、いずれもリベラル派の牙城ともいうべき、ハフィントンポストより。

全然次元が異なる話題のように見えるんですが、結構「根」の部分は近いモノがありそうですね(暗黙の裡に)

 (´・ω・`)ショボーン

 

「理想」を捨てれば、「悪夢」がやって来る

 

そんなことぐらい誰でも分かってはいるんだろうけれど、現実には難しい・・・

っていうか、根本的な解決策があるのかどうかも疑わしい・・・

 

日本が「寛容」な国家になる必要があるのは、国民経済の発展といった「現実」の目的があるからで、人道的・倫理的な「理念」に基づくものではない、というのであれば、その行く末は自ずと見えてくるような気もしちゃうんです。

 (;^_^A

 

もちろん、「理念」じゃお腹は膨れないわけですが、「現実」だけでは融合はおろか相互理解も不可能(というより、その意志すらない)。

 

 

さてさて。。。

 

 

歴史の大きなうねりが、もうソコまでやって来ている気配。

10年後に見る世界の風景がどのように変わっているのか・・・

ココまで来たら(半ばやけ気味に)楽しみにして待つしかないみたい。

新日本プロレス : 柴田さん、「男の根性」をみせて脳挫傷・・・ ~コレが事実上の引退ならば、柴田さんは「伝説の男」になれる!?~

(´ー`*)ウンウン

なるほどぉ~

 

確かに、そうなのかもしれません。

プロレスラーとして満天下に「男の根性」を見せつけることができたんですもの。

 

 

そして。。。

 

 

新日本プロレス

また新たな伝説が誕生・・・か

東スポ風に)

 

一方、テレビ朝日のディレクターさんと新日の経営陣は、今頃、ホクホク顔で算盤を弾いていたりして(ウソ)

柴田さんが30代後半という若さで引退することになれば、その引退興行は日本武道館でも軽く札止めしちゃいそうだもん。

 

 

でもね。。。

 

 

コレ以上、第二次世界大戦大東亜戦争)末期に米軍から「バカ」とまで揶揄された戦闘機での特攻みたいな自爆は・・・チト勘弁してもらいたいなぁ~

だって、ヤクザの抗争みたいな命のやりとりなんて、エンタメ要素が皆無なんですもの。

 

 

とにかく。。。

 

 

今は柴田さんの一刻も早いご回復をお祈りするのが先決。

神のご加護があらんことを・・・

Bohémiens en voyage

 

  La tribu prophétique aux prunelles ardentes
  Hier s'est mise en route, emportant ses petits
  Sur son dos, ou livrant à leurs fiers appétits
  Le trésor toujours prêt des mamelles pendantes.

  Les hommes vont à pied sous leurs armes luisantes
  Le long des chariots où les leurs sont blottis,
  Promenant sur le ciel des yeux appesantis
  Par le morne regret des chimères absentes.

  Du fond de son réduit sablonneux, le grillon,
  Les regardant passer, redouble sa chanson;
  Cybèle, qui les aime, augmente ses verdures,

  Fait couler le rocher et fleurir le désert
  Devant ces voyageurs, pour lesquels est ouvert
  L'empire familier des ténèbres futures.

 

— Charles Baudelaire

 

 

映画「第七の封印」をお茶をいただきながら、観るというより眺めていたとき

ふと浮かんできたのが、ボードレールの詩

 

己の意志とは無関係に、急ぎ出立しなければいけない時が、誰の頭上にも訪れる

「死ぬために、生きている」

そう解釈することだってできちゃうんだから

WWE : DAZN経由で日本プロレス市場への侵攻作戦開始! ~DAZNなら月額1,750円で様々なスポーツや格闘技も楽しめる!一方の新日本プロレスワールドは月額999円で新日だけ・・・~

えっと。。。

 

このネタで過去に書いたのが、コチラでござる。

イイタイコトは今も変わりはないのですが、日本でのサービスインの時期に合わせて、中邑さんのメインロースターに昇格させ、日本侵攻の先兵とするなんて・・・

WWE ス・テ・キ ♡

 

中邑さんの昇格時期がタマタマ重なっただけ・・・

そんなトンチンカンなコト、あのWWEがすると思います?

 

今回の日本侵攻では、日本語での解説まで付ける周到さ。

経営戦略の上手さというか手抜かりの無さは、現在の新日本では、とても太刀打ちできない気がしちゃいます。

 

ちなみにアザゼルは、総帥であるミスター・マクマン(マクマホンは日本語読み)が大好き!

彼こそはプロレスというエンタメ興行の権化であり、卒寿を迎えながら未だに進化中というのが素晴らしいんです。

 

 

さてさて。。。

 

 

木谷オーナーは強気の姿勢を崩してはいらっしゃいませんが、DAZNの月額費用を考えると、新日本プロレスワールドの料金の割高感を拭うことはできませんよね。

特に、日本侵攻の先兵が、あの中邑さんなんですから、新日大好きッ子のアザゼルでさえDAZNに加入してしまったのも致し方ないことかと(←自己弁護(笑))

 

だってぇ~

WWEネットワークの月額費用を支払うより、遥かにリーズナブルなんですもの。

 

一方の新日本プロレスワールド。

新日本の試合以外はゴミみたいなコンテンツしか無いくせに、新日本の全試合が観れるわけでもなく、過去の試合に至っては、ブッチャケ、ダメダメ状態ですし。

 

 

しかもね。。。

 

 

アザゼルの場合、棚橋さんが大好きだった(←過去形)から、新日本プロレスワールドに加入しただけ。

現状のように、好々爺とした棚橋さん、タグチ監督の下でユルイ試合を続けている棚橋さんしか観れないのなら、遠からず新日本プロレスワールドは解約しちゃうかも・・・

 

マジメな話、新日本プロレスワールドは海外展開の積極化を図るとか何とか木谷オーナーは仰っていたけれど、足下の日本での存立基盤が揺らぐ可能性も否定できなくなってきたんじゃないかしら?

内藤さんの言葉ではないけれど、米国市場への殴り込みに懸命になる前に、一度、日本市場での深堀を進めることを考えた方がイイかもしれませんぞ。

 

 

まぁ。。。

 

 

アザゼルなんかも、こんな場末のブログで昭和プロレス信奉者みたいな方から、

「お前みたいなニワカが新日のことを語るなっ!」

と非難されることも少なからずあったんですが、ご心配なく。

棚橋さんがあのままじゃ、トットWWEに鞍替えすればイイだけの話なのですから。

 

別に「新日命」でもなければ、「プロレス」というジャンルが消滅しても困るわけでもありませんので。

その点が、アザゼルにとって、音楽とプロレスの決定的な違いってわけなんです。

新日本プロレス : 4.9両国 サクラ・ジェネシス2017 観戦記・・・ではなく、ムカついたコトを書き散らすの巻 ~色々な意味で納得できない興行。まさに「場繋ぎ」のための興業でしかなかったという事実~

 

 

えっと。。。

 

試合結果ではなく、試合内容だとか、試合後の展開だとかが

とにかく消化不良感ばかりが残る興業

って感じでございました、個人的には。

 

観客や視聴者の事前予想を裏切る展開が持ち味の新日本プロレス

でも・・・この展開は・・・

正直、ドーなんでしょう???

 

納得できないっていうか、ムカついたのは・・・

新日本、この興行、当初から次回以降のストーリー展開のための

to be continued(続く)

だと位置付けていたってことが如実に分かるってこと。

ホント・・・

場繋ぎのための興業

にわざわざ出向いちゃった己の愚かさに、無性に腹が立って仕方が無いんです。

 

 

さてさて。。。

 

 

 

メインがオカダさんの勝利で終わったのはイイんです。

大方の予想を裏切る形にもなりますし、柴田さんじゃ勝てないチャンピオンとしてのオカダさんを演出したのも分からないではないもの。

 

試合内容そのものは、良かったですよ。

 その点は認めています、

 

ただ、NJCファレさんが準優勝のファレさんの乱入により、如何にも

「ハァ~イ、ご覧の皆さぁ~ん。

 この続きは次回の大箱興業を

 是非ともご観戦くださぁ~い!」

って宣言されているみたい。

挙句に、勝者による締め括りのマイク・パフォーマンスも無し。

 

 

NEVER無差別級チャンピオンシップの決着後の展開もそう。

ザック・セイバー・ジュニアさんが惜敗する展開は分かるにしても、ザックさんがよく分からないままに鈴木軍入り(注:一応、インタビューでは鈴木軍入りの経緯を説明していましたが、説得力皆無で唐突感を一向に拭えないままの内容ございました。)したかと思うと、試合後にザックさんが加入していることにされた「鈴木軍」の大将、鈴木みのるさんが乱入(←コレばっかり(呆))。

 

次回の大箱興業でのNEVER王座の挑戦者は鈴木さんってコトですか・・・

マジでツマンナイ展開。

 

っていうか、本日の興業でも強く感じたコトなのですが、

鈴木軍なんか

今の新日本に必要ですか???

彼らが参戦してから、新日本の「時計の針」が逆回転しちゃっている風にしか思えませんぞ。

 

使い古された「鈴木軍」の海賊ギミック(=漫画「ワンピース」のまんまパクリ)なんか、もう飽き飽き。

唯でさえ新日本は所属レスラーが多過ぎるというのに、彼らを帰還させたおかげでヤングバックスも登場させられない展開に。

 

「エリート」に成れなかった(入れなかった)アンダーボスのファレさんの存在を際立たせるためとはいえ、華の無いシリーズになってしまったのは、誰の眼にも明らかでしょう。

中邑さんのメインロースター入りでWWEばっかり視聴していたら、

新日本のチープさが嫌でも感じちゃって・・・

 (´・ω・`)ショボーン

 

 

あっ。。。

 

 

殿(後藤さん)はイイんですよ、何も考えなくても。

そんなコトを殿に望んでいるプオタなんか日本に4人ぐらいしかいらっしゃいませんから。

 

 

もっとも。。。

 

 

 

IWGPジュニア王座を巡る因縁の闘いの決着が、2分とかからずに終幕へと至った件は、アリといえばアリ・・・かしら。

ヒロムさんの雄姿をもっと見たかったのは事実ですが。

 

とにかく試合の長時間化を懸念していたので、大箱興業であろうと、斯様な短時間での決着の付け方があってもイイと思うんです。

確かに、

「えっ・・・コレでお終い???」

という感覚をおぼえたのは、紛れもない事実としても。

 

【補足】

鯱狗さまのブログで、KUSHIDAさんが試合中に事故(=試合続行ができないほどの負傷を負)ったために、興行の都合上、ヒロムさんが止む無く大技で締める形にせざるを得なかったとのご指摘がございましたので、念のため、補足いたします。

 

 

ついでに申し上げれば、「田口ジャパン」とロスインゴの多人数マッチで、内藤さんがジュースさんからピンフォール負けしたのも、言うまでもなく

次回の大箱興業での

インターコンチ王座戦の煽り。

ミエミエの試合結果を両国で見せつけられるのは・・・

もう慣れましたから「怒り」の感情なんか湧いてきたりはいたしませんが(笑)

 

むしろ、内藤さんがいつものようにハード・バンプを敢行し、ジュースさんのフニッシュ・ホールドをまともに受けたのが印象的。

内藤さん、あそこまで危険な角度で受けなくても・・・

 

内藤さんの姿に、アザゼルはプロのお仕事を観ましたぞ。

(敗北者に称賛を惜しまないのって、プロレス以外の興業ではチットあり得ないですよね。)

 

 

あと。。。

 

 

 

IWGPタッグのチャンピオンシップは、当初から分かっていたとおり、場繋ぎ感がアリアリ。

天山さんと小島さんの第三世代タッグがベルトを落とし、日本で人気がドーンと来ることなど微塵も想定できないウォーマシーン組に王座を移行させたのは、明らかにベルトを巡るストーリー展開を考えのコト。

 

このベルトの行方は想定されたこととはいえ、今回の興業全体を見返してみると、ドコをドー切ってみても、やっぱり

「サクラ・ジェネシス

 場繋ぎのためのシリーズ」

としか位置付けられていなかったんだなぁ~、ってことが見えてしまうんです。

 

大阪での大箱興業がモード・チェンジであるのなら、

4月の両国国技館の興行は、所詮「場繋ぎ」でしかないのでしょう。

 

 

まぁ。。。

 

 

長年、新日本をウォッチされている方なら、4月の両国大会の位置付けぐらい、とっくにお見通しだったのでしょうけれど・・・

 (´;ω;`)ウゥゥ

生け花 : 華道のススメ 

物心ついたときには、祖母から生け花の手ほどきを受けていたアザゼルでございます。

以来、華道修行に勤しむこと、早廿年・・・

今では立派な「不良教授」とあい成り果てまして候ぉ~

 (;^_^A

 

現在、YouTubeで「華道」を検索してみますと・・・

 

こんな感じで候補の動画が表示されます。

 

が・・・

 

明らかに異質なモノが・・・

まさに「異物混入のため、全品回収!」状態のモノが・・・

それがコチラでございます。

 

「エガ流」

浅学にして、斯様な流派があることを存じませんでした。

ハッキリ申し上げて、悪寒と吐き気が・・・

 ヽ(`Д´)ノプンプン

オーディオ : 「オーディオ女子計画(仮)」という動画を見つけたよ! ~「男の世界」のオーディオも、女子が激しく進出中・・・かな!?~






 

 

「オーディオ女子」なんて言い方があるなんて存じませんでした。

なんでも「女子」を付ければ良いだろうという、安直さしか感じませんけれど(笑)

 

アザゼルの場合、父の影響を受けたからオーディオに興味を持っただけ。

それに、父が使用しなくなったオーディオ製品を適当に貰って来たから現在にような環境が構築できたのであって、アンプ1台で100万円を軽く超えるような環境を20代のアザゼルのお給料で整えられるわけもなく。

 

ちなみに、最後の「5」でビンテージ物が紹介されていましたよね。

父がタンノイ使いなのである程度は分かるのですが、このクラスのタンノイをしっかりと鳴らせるためのは、何と申しましても、それ相応の「部屋」を準備するのが大変・・・

例えば、残響音の多いライブな環境では、わざわざヴィンテージ・タンノイを使用する意味すらありませんもの。

 

また、チラとだけ画面に出てきた真空管アンプ、オクターブというメーカーのプリメインV-70SE。

強化電源を含めれば約150万円。

それでも、オーディオ評論家の言葉を借りれば

「この音で、この価格は信じられないぐらいに安価」

なんだそうです。

 (;^_^A

 

クリーン電源にアキュフェーズ、電源ケーブル・電源タップにNVSあたりを使用すれば、それだけで150万円。

更にLINNのプレーヤーやヴィテージ・スピーカーの購入・メンテナンス費用、等を含めれば、メルセデスの中型クラスをフル・オプション付で購入できる金額に達するおそれも・・・

 

しかも。。。

 

本当に恐ろしいのは、どんなに良い環境・機材を揃えても、短期間にその音に慣れてしまい、更に良い音が欲しくなる・・・

ことなんです。

 

オーディオの世界は奥が深い・・・

のではなく、正確には

底なし沼・・・

だということ。

 

オーディオに限らず、趣味の世界には・・・

「おカネ」がかかる・・・

というより、

「おカネ」がなければ、趣味と呼べるような趣味は持てない

ということなのかもしれませんね。

 

そうそう。。。

 

自転車も凝り始めると・・・

アザゼルのお給料を全部注ぎ込んでも、フレームすら買えない・・・

釣りだってそうみたいですから、おそろしい・・・

INORI (Prayer) ~CGなどではない。だからこそ、意義がある。~

ヒトの手により創作されたもの

 

それが芸術であるか否かの解釈は、

創作者にあるのか

それとも

鑑賞者に委ねられるのか

 

つい、そんなコトを考えてしまう

そんな作品

 

ご賞味あれ

今宵の音楽は・・・Ron Carter - So What

ベースの巨人、ロン・カーターさん。

ジャスには縁遠い方でも、お名前ぐらいは存じ上げていらっしゃるのではないかしら。

 

ただ、アザゼル自身、彼のベースが最高峰だと思っているわけではございません。

それでもなお、彼の奏でる音は、誰が聴いてもロン・カーターさんであると分かるほど、他の奏者とは一線を画していることは認めざるを得ません。

 

今宵はジャジー(笑)な夜を・・・

それでは、良い夢を・・・

 

お休みなさいませ

 

 

 

 

 

WWE : 中邑さん、ついにメインロースターに! 世界トップのリングに、ご本名のまま、その雄姿を現すの巻 ~中邑さんを歓迎する観客による大チャントをご賞味あれ!~

 

WWE公式動画より)

 

中邑さんが果たしてメインロースターに上がれるのか・・・

懐疑的だったんです、アザゼルは。

 

いざ、WWEの大舞台に上がったお姿を拝見しちゃうと・・・

感動しちゃった、鳥肌が立っちゃうぐらいに。

 

入場シーンだけでおカネが取れる。

それこそがスーパースターの証だと信じています。

 

アザゼルの知っている現役の日本人レスラーでは、

 武藤さん

 内藤さん

 そして・・・

 中邑さん

ぐらいかしら。

 

頑張って欲しいです。

ホントに、マジで、ココロから。

 

ちなみに。。。

 

米国に渡ってからの中邑さんのスタイルは、基本的に新日本のまんまなんですが、チャンとWWE流にアジャストさせているところが素晴らしい。

WWEに最も似合う日本人レスラー

と新日本時代から評価(?)されていたとおり。

 

 

中邑さん、WWEではどんな位置付けに入るのかしら?

楽しみですよねぇ~

 

雑記 : プロレスで面白いネタが無い・・・ ~もちろん、ゴシップ系のことですけれど・・・~

プロレスネタ、全然書いておりません。

だって・・・コレは!って感じのネタ、皆無なんですもの。

 

チト興味が持てたゴシップ系も、ノアとか、全日本とかじゃ・・・

書いても反応が超薄いってだけではなく、書いていて面白くないんです。

 

最近の全日本、リング上での闘いは、かなぁ~り良いのに。

 (´・ω・`)ショボーン

 

新生ノアは・・・

これまでどおりのノアから何が変わったというのかしら?

 

旧TNAが参戦したとはいっても、あの面子じゃ、盛り上がれって方が無理。

しかも、旧TNAの経営体制が完全に変わってしまったから、今後はジミー鈴木さんのブッキングも期待できそうにないし。

(誰も期待していないかもしれませんが(笑))

 

W-1は・・・

メッチャ頑張らないと、今のようなメリハリの無い興行はマズイんじゃないかしら。

会長に棚上げされた武藤さんは今後、個人の利益のために外部の団体に出稼ぎに行くらしいですし(苦笑)

 

現状のようなテーマ無き闘いを続けていると、いつまで経っても集客なんかできるわけがありません。

こうなると興味は、オーナーが団体経営を見切るタイミングはいつなのか?っていう、モロに別冊宝島による暴露本の世界に陥りそう。

 

大日本は・・・

デスマッチがダメなので、個人的には敬遠。

ただ、ストロング系のレベルは、お世辞抜きで高いですぞ。

 

それにしても鈴木秀樹さん、あれだけの実力者なのに、あれだけの体格なのに、このままインディ・シーンで終わるっていうのは、余りにもモッタイナイ。

もっとも、すでに37歳ですから、新日本で大暴れ!っていうイメージも湧きませんし、おそらくインディの世界の覇者として記憶の彼方に追いやられるのは致し方ないのかもしれません。

 

DDTは・・・なんていうか・・・

「頑張ってください、文科系プロレス」って感じ。

地上波テレビ局が付く可能性も無いし、勢いがある!と報じるのは週刊プロレスばかり、という現状ではダメでしょう。

 

WWEも・・・

中邑さんのロースター昇格、事実上の確定の噂(笑)とかあるけれど。

事実上のさよならデッドマン、さよならシナとかで、一つの時代が終わった感じ。

(シナさんは、パートタイマー・レスラーとしての位置付けがより一層鮮明になる模様。)

 

ROHを買収するとかしないとか・・・

ブッチャケ、ドーでもイイような話しか俎上には・・・

 

 

 

プロレスという虚実が入り乱れた夢幻の世界にあっては、常に強烈な話題を提供し続けることが生命線のはずなのに・・・

新日本もコンプライアンス重視のフツーの会社になったのは分かるけれど、もうチット話題をガンガン提供してくれないと・・・

 

 

 

お腹がスキ過ぎて、もう思考回路がグチャグチャ。

ゴメンナサイ。。。