読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

xlab’s diary あやしい時代

感じたことを、感じたままに

ドキュメンタリー「パルチザン前史」を観る ~1968年当時の京大闘争のドキュメンタリー映像を流し、ジャミロクワイの曲を聴きながら、お茶を嗜む~

えっと。。。

 

パルチザン前史 [DVD]

 

分かる人にしか絶対に分からないドキュメンタリー作品。

だって、アザゼルの生まれる何十年も昔のお話なんだから、仕方がないですよねぇ~

 

京大でもこんな激しい抵抗をやっていたのね・・・

火炎瓶がバンバン飛んでくるわ、投石を機動隊に向けてガンガンやってるの。

 

京大講堂なんか、もう滅茶苦茶になっている。

それもしても・・・京大でも時計台に放水攻撃されていたんだ・・・

存じませんでした。

 

※映像の中では、大阪市立大学でも同じような光景が繰り返されていましたぞ。

 

で。。。

 

京大講堂前にある大学正門には、その姿が確認できないほどにバリケードが積み上げられており、無秩序に有刺鉄線を張り巡らしている。

挙句に、当時の京大生たちが、木棒を持ってドラム缶を相手に突入の訓練をしている映像まで。

 

もうね・・・苦笑せざるを得なかったな。

貴方たちは、薩摩示現流の練習でもなさっているわけ???

鹿児島県の方なら、この意味が分かってくださるはず(笑))

 

汚い字で「極東革命」と大書された旗だとか、議論の中で「ソビエトを日本に設立するために!」とか・・・

無邪気ってイイなぁ~って、思わず感じてしまったり。

 

とはいうものの、その後、大学j闘争に加わった方の中には、自殺を図った方もいらしたみたいだから、「純粋」ってある意味で罪よね。

「純粋」であればあるほど、傷を負うだけだもん。

 

ただ。。。

 

映像は面白いけど、それだけの作品なので、音声はOFF。

Jamiroquai の”Feels Just Like It Should”なんかを流してつつ、お抹茶を立てて、和菓子を頂きながら、映像を見ておりました。

 

こうやって映像を眺めていると・・・

登場してくる投稿行動中の学生って・・・

ホント、何処にでもいるっポイ人ばっかり。

 

革命闘争とか大上段に構えてはいるけれど、その実、ドコにでもいる感じの人ばっかり。

分厚いレンズの眼鏡を掛けた、真面目な学生たちが革命を叫んだところで、そんなモノ、成就するわけないのに。

 

それでも、まじめに「解体」だの「革命」だの、そんな夢を語り合っていたんでしょう。

権力に立ち向かうのは、美しいことでも何でもないけれど、ロマンを感じる人っているのかもしれません。

 

もっとも、インテリ層から全国の労働者層への革命伝播なんて、アザゼルは絶対に信じません。

本当に革命がしたいのなら、一般生活者から地鳴りのような轟音を伴いながら湧き起らない限り、ゼッタイに不可能だと思っているから。

 

さてさて。。。

 

この映像を眺めていると、昭和という時代を嫌でも感じさせてくれるんです。

まだ日本でも

 「物語」が成立し得る基盤が堅固であったこと

 「連帯」すること自体に意義を感じていたこと

 新しい時代がやって来ることを心から信じていたこと

そんな真面目な時代・・・だったのね。

 

それにしても。。。

 

主人公である京大助手「滝田修」さん、後に朝霧事件の容疑で全国指名手配となって10年にわたる地下潜航を余儀なくされるんですが、助手の給料だけでは食えないからと生活のために予備校講師をやるんだけど、なんと!そこでもアジテーションしまくり(笑)

大学受験のための講師なのに・・・

 

最後に。。。

 

この映像の凄いというか、問題なのは、

火炎瓶の作り方を懇切丁寧に映像で悦明したりしているところ

イイの?コレ???

 

平成生まれのアザゼルには、昭和という時代の「風」というか「息吹」を体感することは不可能です。

ただ、メンドクサイ時代だったんだなぁ~と思うと同時に、「真面目」であることが大手を振って歩けた時代だったという点(通過儀礼という意味ではない)は忘れてはいけないと思うんです。

WWE : スターダムのトップ選手を根こそぎ引き抜き!? ~新日本プロレスも例外ではない。プロレス団体の経営はかくも安定しない。ついでに、「プロレス総選挙」のネタなど(笑)~

プロレス!

えっと。。。

 

 

新日本プロレスのニュー・ジャパン・カップ(NJC)には、何一つとして食指の動かぬアザゼルです。

次世代を担うであろうイービルさんの売り出しに貢献できれば、それでよいのではないでしょうか?

 

 

誤解の無いように書きますと。。。

 

 

NJCに興味がないのは、そもそもテーマが不明確なままシリーズに突入しちゃったためであり、棚橋さんが1回戦で敗北したからではございませぬぅ~

というか・・・現在のような、ド~でもイイプロレスと申しましょうか、中途半端なプロレスと申しましょうか、あんなプロレスしかできない棚橋さんには、すでに興味を失っておりますので悪しからず。

 

 

さてさて。。。

 

 

今回は、新日本プロレスにも大いに関係のあるお話。

とは申しましても、コレはもうすでにブログで何度も書いたネタですので、やや食傷気味ではございますが・・・

 

ご周知のとおり、

スターダムの紫雷イオさん、宝城カイリさんが

事実上、WWEとの契約に合意した

とのこと。

スターダムはトップ選手を一気に2人も失うこととなり、経営への深刻な打撃となることは想像に難くありません。

 

テレビ朝日新日本プロレス連合も、

「情報操作は誰の目にも明らか」

とまで揶揄された『プロレス総選挙』なるもので、自団体の現役選手を上位に喰い込ませたまでは良かったのでしょうが、

現役選手最上位(4位)に輝いたオカダ・カズチカさんが、将来、WWEに移籍しないとは言い切れません。

 

せっかく(誰の指示かは存じませんが)、猪木さん、馬場さん、初代タイガーマスクさんに続く4位という地位に付けてあげたのに、WWEに移籍されちゃったら・・・

大笑いモノでございましょう。

  (´∀`)アハハハ

 

そういえば。。。

 

『プロレス総選挙』において、

ランキングからも除外された中邑さん

 

昨年、オカダさんをWWE入りさせようと橋渡し役を買って出た(画策した)コトは、WWEユニバースを自称するファンなら知らない者などおりませんから、テレビ朝日新日本プロレス連動からは

「絶対に許せない裏切り者」

という烙印を押されたのかもしれませんね。

 

で・・・その中邑さん、もうすぐWWEのメインロースター入りとの噂。

こうなったら、新日本のファンを根こそぎ奪い去るぐらいの活躍をしていただきたいものでございまするぅ~

 

更に申し上げれば、現役外国人選手としては異例の順位に入ったケニー・オメガさん。

現状を考えれば「ケニーさん推し」をしたくなる気持ちも分からなくはないのですが・・・

早ければ来年早々、遅くとも再来年早々には、WWEへ移籍することが非常に濃厚なケニーさんを押しても・・・大丈夫なのかしら???

 (゜_゜)ウーン 

 

 

ただ。。。

 

 

気になるのは、これまで2度も昏倒し、記憶障害および言語障害を伴うような脳震盪(※決して軽視することなどできないレベル)を起こした経験を持つ宝城カイリさんと、WWEは、何故、契約することを決断したのか、ということ。

世界のプロレス団体で唯一、アスレティック・スポーツ団体として通用するレベルのメディカル・テストを実施するWWEが、宝城カイリさんの過去の症状を見逃すわけがありませんもの。

 

WWEは、過去に所属したレスラーから脳震盪による障害を放置したとして、米国でクラス・アクションを提起されています。

そのため、以前にも増して重症レベルの脳震盪を起こした選手をリングに上げることには非常に慎重になっています。

 

有名なところでは、ダニエル・ブライアンさん。

過去に起こした重症レベルの脳震盪による影響から、結果的にメディカル・テストをクリアできず、引退を余儀なくされました。

 

宝城カイリさんのケースでは、メディカル・テストで「問題無し」との診断を複数の医師が下した、というのでしょうか?

この点については、何の情報も出てこないので、語るべき言葉を持ちません。

 

 

ちなみに。。。

 

 

ダニエル・ブライアンさんの場合、WWEでは現役を引退しましたが、統一コミッション組織など無いプロレス業界の常として、他団体なら現役続行は可能です。

彼が現役引退を余儀なくされたのは、引退を決意した時点でWWEとの長期契約が残っていたからで、止む無くGMという職に甘んじていたわけなんですが・・・

 

一部の米国プロレス・メディアの噂によると、ブライアンさんは現役への未練が断ち難く、近々にも到来する契約満了をもってWWEを離れ、他団体で現役復帰するらしい・・・というのです。

もし本当なら、確実に新日本プロレスのマットに上がるはずですから、その意味ではワクワクしちゃってイイんじゃないかしら。

(ブライアンさんは、新日本のスタイルが大好きだと公言なさっていますし。)

さぁ・・・皆で〇〇〇〇になりませうぅぅぅううう!! ~疲れちゃってドーしようもならないとき、トンデモ系「竹内文書」を読むのがイイかも(ウソ)~

如何なる偽書の類も、竹内文書の前では色褪せてみえてしまいます。

 

ある意味。。。

 

プロレスより遥かに面白い・・・かな

 

ヒマでヒマで仕方がない・・・そんなとき

憂鬱で憂鬱で自殺しそうなになる・・・そんなとき

 

竹内文書を読んで

『おまえらぁ~!

 アホになる覚悟あんのかぁ~!!』

(某人気ニュージシャンの叫び風に)

と叫んでみるのも・・・

悪くないのかもしれませんね(ウソ)

 

(´・ω・`)ショボーン

 

「プロレス」関連の記事は、コチラからご覧くださいませ。 ~カテゴリー選択「プロレス!」~

プロレス!

 

中国メーカー製のIT製品を利用すると、通信内容等が中国側へ筒抜けになっている可能性も ~国家安全保障上の問題だけでなく、個人の金融取引のID・パスワード等が漏えいするおそれが~

 

価格だけで製品の購入を考えると、トンデモナイことになるおそれがあるってコトですよねぇ~

ちなみに、米国の連邦政府や英国政府では、中国系の某社のPC等購入を禁止する措置を取っているコトは有名なお話。

 

この件は何度もこのブログでも取り上げてきたけれど、すでに世界中のIT製品(PC、スマホタブレット等を含む)の多くが中国製であることを考えると・・・とても笑って済ませるような問題ではございません。

中国での民間会社への政府の関与は日本や西欧先進国の比ではなく、むしろ、中国政府の指導を受けているコトを念頭において考えるべきなのでしょう。

 

恐ろしいのが、中国の友好国であるはずのロシアへ販売した「掃除機」(ITとは無縁!)にすら、ウィルス拡散目的のネットワークチップが組み込まれていた・・・

そんな話を読むにつけ、海の向こうの国との関係の難しさが分かろうというもの。

 

個人のレベルでは、価格だけで製品選びをしちゃうと、恐ろしいコトが待ち受けているかもしれないってコトなのかもしれません。

価格差を遥かに超える脅威が隠れているコトを念頭に置きつつ、消費行動を考えていかないと、勤務先や金融機関への大切なアクセス・キーが、海の向こうで収集されているかもしれないんですもの。

 

・・・ホント

・・・困ってしまいます

 

ただ。。。

 

貿易収支でみてみると、日本も米国と同様、対中国で巨額の赤字計上を余儀なくされています。

ココで間違って欲しくはないのですが、誰かさんみたいに

 『だから、中国は許せん!』

などと申し上げたいのではありません。

 

ことほど左様に日本での一般生活の中に中国製品があふれている。

あるいは、中国製品の存在を前提として日本人の生活が維持されている、という事実を受け入れなければならない、ってコトだと考えています。

 

隣国とは仲良くしたいけれど・・・

海の向こうの国々と友好関係を維持することが、歴史的・領土的・感情的問題等が絡み合って難しい・・・

中国が好きでも嫌いでも、その存在を無視することなど、すでに不可能な関係が成立してしまっているのに・・・

 

(´・ω・`)ショボーン